写経・座禅会のご案内

清閑に包まれて写経・座禅をしてみませんか

写経について

 
 写経は誰でも取り組むことが出来る身近な仏教実践行です。時間がかかり大変ではないか、上手に書くことが出来るだろうかなどとためらう方もあるかもしれません。お経の意味も理解できず、写経をして意味があるのかしら、などと思っている方もおられるかもしれません。
 
 しかし、写経の勧めの説明書には、不思議な呪・ご利益があると書かれています。 確かに、写経をしていると、心が落ち着き、穏やかな心境になります。この機会に、写経を体験してみませんか。参加希望の方は、事前にご連絡ください。

座禅について

 天台宗の座禅は、座禅止観と言います。人間の心は、外界から様々な影響を受けます。分かりやすく言えば、目で見ること、耳で聞いたこと、鼻で感じる匂いなど、五感が常に働いてしまいます。その影響によって心が乱れます。そうした心を落ち着け静めるのが「止」であり、静まった心で、自分の内側を観察することが「観」です。
 
 他と比べ、自分の本意とは違う行動をしていることがあると思います。「その場の雰囲気に流されて・・」ということがあると思います。「そんな自分が嫌だ」と思っても、どうしていいのか分からないという人もいるでしょう。
 
 例えば、ビーカーに濁った水が入っていることを想像してください。その濁ったビーカーの水は、いつも何かの影響でかき回されています。そのビーカーの水が私たちの心です。しかし、「止観」をすることによって、かき回すことを止めます。そうすると、濁った水は分離します。上水は澄んでいます。そこに映る自分を観ることで、今自分が何をしたいのか?何をしなくてはいけないのか?見えてきます。天台宗の座禅止観で、本当の自分に出会えるかもしれません。

写経・座禅止観

写経 納経料 1000円
   道具不要
座禅止観
   座禅止観体験料  500円
   道具不要
  ※服装は、足を組みますので、足を組んだ時に窮屈でないものがよいと思います。
  ※女性の方にお願いいたします。座禅体験を希望される方は、肌の露出は少ない
  服装でお越しください。
 
  ※詳細については、お問い合わせ下さい。
  ※一名から体験できます 
  ※写経・座禅止観ともに、要予約 午前9時から午後4時
  ※ご予約は、東円寺申込書にご記入いただきFAXにてお願いいたします。
      ※ご予約を受け付け後、葬儀が入った場合は、時間の変更をお願いすることがあります。ご了承
   ください。
所要時間
  写経・座禅ともに約1時間

予約申込書はこちらよりダウンロード

予約申込書

予約申込書(PDF版)

(2012-10-16・90KB)