寺庭のつぶやき

富士山の日・・・

2018-02-23
 今日は2月23日富士山の日です。山梨県と静岡県両県合同のセレモニーがハイランドリゾートで行われました。
 
 両県の知事よりご挨拶があったようですが、この挨拶にそれぞれの思いが現れていたようです。また、山梨県立富士山センターのセンター長の挨拶の中に、忍野八海が世界遺産構成資産となった経緯について、東円寺の版木と諸掛帳が現存していることを説明し、現存していることが重要なことであるという内容の話をしてくださったそうです。
 
 公の場でそのようなお話をしてくださる方は少ないので、住職は印象的だったと話していました。先日も、「版木や諸掛帳が忍野村の文化財などに指定されていますよね?」という質問に、「この版木や諸掛帳が本物かどうか確認作業をしています・・」という言葉を聞いた住職は、耳を疑ったそうです。なぜなら、山梨県の専門家、また、文化庁で認められたことで、重要な資料としてユネスコの諮問機関であるイコモスに提出されている資料だからです。
 
 これほどまでの認識の違いを、今後どのように埋めていけばよいのか・・課題は山積しています。しかし、解決の糸口は現在ありません。けれども、諦めず地道な努力あるのみだと富士山の日に改めて感じます。

春節・・・

2018-02-22
 国道や忍野村の中を車で走っていると、忍野八海には、多くの観光バスがやってくるな・・と、ニュースなどで中国の方が多く来られていることは知っていましたが、実感するような出来事は日常生活で起こることはほとんどありません。
 
 3月の前半、天台宗にとっては聖地と言われる天台山に行くことを決めました。そのようなことから、履きやすい靴を探しに、御殿場アウトレットへ行きました。
 
 ある靴屋さんに入ると、お客さんは数名・・その中に3名ほどの中国人がいらっしゃる・・と思ったら、その数分後・・気づけば店内いっぱいに人が・・その中に日本人と思われる人は数名・・店員さんは流ちょうに中国語を話、ここはどこの国かしら・・と、私中国にいるの?と疑うほどでした。
 
 自分の靴を選ぶより、買い物をしている様子が面白く・・けれども店員さんが気づかってくださり、「先ほどまではお客さんはいなかったのですが、すみません・・気になる靴があるようでしたら遠慮なさらずお声がけくださいね・・」と。
 
 幾つか履き心地を確かめていざレジへ・・会計は7番目・・やはり申し訳なさそうに店員さんは誤ってくださいましたが、皆さんがお買い物をしてくださり日本が潤うことは素晴らしいことです。春節を感じた日でした。

年を重ねる・・

2018-02-21
 髪の毛に白髪が見えるようになったな・・と思ってからあっと言う間に歳月が過ぎ、日に日に多くなっていると気付き、アタフタするのが嫌なので、自分のことながら様子を見ていると、やっぱり美しいとは言えない状況になってきました。
 
 染めると赤茶けてくる髪質なので、ヘアーマニキュアをすることにしました。自分という人間の内面を少しずつ理解できるようになった・・と思っていたら、外見とも向き合わなくていけない・・恵心僧都は、人間に生まれることはとても大きな喜びである・・と説いてくださっていますが、大きな喜びと感じるまでの道のりが遠く・・
 
 最近、様々な場面で、人の生まれ変わりを感じることがありますが、遺伝子レベルでは、多くを教えてもらわなくても、何かにつけて分かっているように感じる事柄があり、けれども、生まれてくるときは赤ちゃんで・・(当たり前ですが)成長する過程の中で、無意識に分かっていることがあり、分かったような振る舞いをすることで誤解を招き、対人関係に苦しみを覚えることがあると思うのですが、なぜ?そのように人生を遠回りをしなければならないのか・・とても疑問に思っています。
 
 家族に何となく話をすると、怪訝そうな目で私を見つめる娘・・また訳の分からないことを言い始めて・・と言った顔をされながらも、悟り・・とはどのようなものであるのか・・知りたいと思う私は、変人のようです。

東円寺だより春彼岸号・・

2018-02-20
 年3回、檀家さんにお届けしている東円寺だよりですが、何割の方が読んでくれているのでしょうか・・そんなことを思いながらも、届けたい情報がありますので、ない知恵を絞って記事を書いています。
 
 読んでみたら面白い・・そんな風に感じてもらえたら本望ですが、アマチュアですから簡単なことではありません。私の小さな努力は、東円寺のHPの寺庭のつぶやきを継続することです。この継続は、とても力になっていると感じます。
 
 私の性格は、情に厚い人なのでその思いが時に人を傷つけてしまっていることに気付いたのは最近のことです。思いが強くなってしまうことで、視野が狭くなるのだと思います。様々な角度から見ることは、人としてとても重要なことだと感じています。
 
 つぶやくことで思考が整理されますので、何を重視すべきか・・けれども人生に軽視して良いことなどありませんから、優先順位を考えるようになります。お彼岸までに1ケ月ありません。東円寺だよりは月末までに仕上げる予定です。

生活に潤いを・・

2018-02-19
 今日は、午前中生涯学習講座の大人対象のお花をお勉強しました。池坊の伝書(伝花)をお伝えするというよりも、池坊の培ってきたお花との対話から、お花を美しく生けて、生活に潤いをもってもらうというのが講座のテーマになっています。
 
 伝書には絶対の決まりがあります。その決まりを覚えることによって体系的に植物の扱いが理解できるようになります。しかし、その内容は深く、ある意味においては、その制約がお花を楽しいと思えなくなる要素になってしまうこともあります。
 
 私はどちらかというと、なぜ?どうして?ということに興味を覚える人なので、案外自分の思い通りにならない方が「なぜなのかしら・・」「どうしてなの・・」と思い、深みにはまるタイプなので、すっかり池坊華道の魅力にはまってしまいました。
 
 そう言う方ばかりでしたら、門弟さんも増えるかもしれませんが、時間をかけて取得する時代ではなくなっています。そんな時代ですが、私は池坊の理念に共感していますので、その考え方に共感してくださる方が増えるといいな・・と思って指導しています。
 
 まずは、そこに存在するだけで私たちの心に安らぎを与えてくれる植物(花)ですが、生けるという行為によって自分の心が豊かになり、生けてある花を見た家族の心に潤いができれば・・そんなことを思いながら、今日も皆さんと楽しくお花を生けました。