寺庭のつぶやき

一日中・・

2018-05-11
 沼津の親戚の葬儀は午前9時でした。山梨で午前9時から行う葬儀など聞いたことはありませんが、地域によって葬儀の時間が違うことに驚きました。けれども、早い時間のお蔭で、お葬儀に参列することができました。
 
 沼津に住んでいます住職の妹と一緒に出棺まで立ち会うことができましたので心残りはありませんでした。近いようで遠い距離の妹の家に寄り、昼食をご馳走になりました。
 
 午後からは、神奈川に住んでおられる知人の家に行くことになっていました。沼津から神奈川へ・・知人宅は、先日亡くなられたお父様にお花を届けるお約束をしていました。お花は、横浜の知人に習っているアレンジメントを届けることにしていましたので、時間的にハードなスケジュールでした。
 
 アレンジメントは、仏様にお供えする生花を用意していただきました。白を基調とした清楚なお花・・けれどもアレンジメントのお花は量が必要であることを実感します。アレンジメントの先生は、様々な技法を惜しむことなく教えてくださいます。2時間のレッスンでお花を完成させて、平塚の知人宅へ・・・
 
 伺うお約束をすると、手作りのインドカレーを作って待っていてくださいます。1年に一度会えるかどうか・・という関係ですが、そのお宅に伺うと時間を忘れてくつろいでしまいます。とても穏やかで心地よい時間を過ごしました。
 
 朝家を出てから12時間・・静岡県沼津市から神奈川県横浜市へ・・横浜から平塚へ・・平塚から家路に・・充実した時間を過ごしました。

最後に会った印象が・・

2018-05-10
 今日お通夜へ向かった沼津市在住の親戚は、毎年夏休みになると、河口湖などに家族で遊びに来るのですが、その前に必ずお土産を持って寄ってくださっていました。昨年は、来られなかったのでどうしたのかな・・と思っていましたが、家族の予定でも合わないので山梨には来ないのかな・・と思っていました。
 
 11月頃、住職は痩せてしまって誰だか分からなかった・・と言うほどお痩せになった親戚の姿に驚いていましたが、本人から癌のため闘病生活を送っていることを聞きました。どうしても、山梨に来たかった・・と。
 
 余命を宣告されていたのだと思います。家族もそれを受け止めて体調は万全ではなかったようですが、本人の山梨へ行きたい・・と言う思いを叶えてあげたい・・その気持ちが伝わってきました。
 
 静かに死を受け止めておられる姿は、人として美しい姿だと感じました。死という言葉に心が乱れないと言えばウソになりますが、揺れながらも静かに揺れる心も受け止めようとされていました。
 
 連絡なく来られたので、留守の時でなくて良かった・・と、その時も感じましたが、今にも起きあがって言葉をかけてくださりそうなお顔を見ながら、最後にお会いしたときの姿が目に浮かびました。
 
 寂しさ・・よりも、確実に年齢を重ねていることを痛感します。いつかは必ず別れはきます。私が先か・・相手が先か・・日々様々な縁をいただき、様々な思い出を作っていますが、これからどれほどの方と別れなければならないのか・・そんなことを思いますと、人生はむなしいものです。

訃報が続き・・

2018-05-09
 今年は葬儀の少ない年です。けれども、不思議なことは、気候の変動が体に影響しているのかもしれませんが、葬儀は連鎖的に続きます。昨日お檀家さんの訃報を受けて、葬儀の日程が決まっています。続けて住職の従弟から、奥様のお父様が亡くなられたという訃報が・・今日になりますと、沼津の親戚から連絡が・・
 
 葬儀の日程は重なってしまいました。今年になって、お通夜を息子がすることになりました。そのようなこともあり、息子がお檀家さんのお通夜をして、住職は親戚のお通夜へ参列することができました。
 
 家族が増えたことによって、仕事を分担することができることはあり難いことです。6年ほど前までは、檀家さんのお葬儀だけでもアタフタしているのに、親戚の訃報を聞きますと、私一人でドタバタしているように感じたものです。住職は、檀家さんの葬儀に・・私は葬儀を気にかけながら、親戚の通夜や葬儀に参列していました。
 
 昔は・・という言葉はなるべく使いたくありませんが、家族には必死に頑張ってやってきた思いを伝えたくなるものです。娘に煙たがられますが、葬儀が続きますと様々な思い出が走馬灯のように浮かんできます。

小雨でしたが・・・

2018-05-08
 住職は朝起きますと、窓から外を何度も眺めては・・どうしようかな・・とブツブツ独り言を言っていました。どうした・・??と聞きますと、八海清掃をするか延期するのか迷っていると・・
 
 川の水量もほとんど変化ないから大丈夫だと思う・・と言いながらも迷っているようでした。しかし、これから葬儀や法事が続きます。親戚が亡くなり土日曜日も休みできません。
 
 今日を延期していまいますと次回の予定が立てられないほどバタバタしていますので、雨が降っていないなら予定通りが良いかもね・・そんなことを話ていました。
 
 数名の方が心配してお電話をくださいました。清掃に対する思いが垣間見え心温かくなります。多少小雨でしたが、予定通り清掃活動を行いました。忍野村の中でも場所によっては雨が降っているところもあったようですが、大粒の雨が落ちてくることもなく、気温は低く寒かったようですが、5月は多くの方が参加してくださいました。
 
 毎年5月はエクシブ山名湖の営業さんが参加してくださいます。今年も4名参加してくだいました。皆様のご協力のお蔭で5月の清掃活動が無事に終えられて安堵しました。

予定通り・・

2018-05-07
 カレンダーの5月7日と11日に、蛍光ペンで丸を付けていました。それを見た家族は、この丸はなんだろう・・誰がつけたの?脈略のない印を見ながら、皆首をかしげていたようです。
 
 この印は、伝統文化親子教室の書類提出期限日と、終わらせたい日を忘れないように・・・その印でした。そのことを聞いた家族は、人騒がせな印だという顔をしていましたが、私にとってとても重要な日です。
 
 先月の25日頃書類が来ていました。提出期限が短いことと、日々予定が詰まっているので書類作成ができるかどうか不安でした。けれども、やり始めたら集中できましたので、予定通り今日書類発送ができました。
 
 どのようなことでも経験が大切であること・・また継続することの大切さを痛感しています。昨年の書類作成で難しく感じたところは、今年は何となく理解できたようでスムーズでした。頭の中には、楽しく学んでいただけるように工夫をして、カリキュラムを作成していますが、具体的にしますと頭で想像しているようにならない場合もあります。現実的に可能なカリキュラムを作っていくことの難しさを感じています。
 
 伝統文化は特に時間をかけて学ぶものです。焦らず、気負わず継続していきたいと思っています。
天台宗 東円寺