寺庭のつぶやき

初めての経験・・

2017-10-10
 プチ修行は続いています。今日は10日・・実家の手伝いの日です。朝食の支度を終えてから実家へ向かいました。気忙しいので、中休み・・にと、考えましたが、休みを取ってしまうと見えてきた何かが見えなくなってしまうような気がしたので、できる限りのことをしようと決めました。初めてのことです。
 
 今週末は、池坊富士吉田分会の花展があります。伝統文化親子教室のお花も出展させていただく予定なので、生徒さんの練習と出展するためのお花の生け込みの予定は、様々です。時間をやりくりが重要ですが、不安は募ります。
 
 実家から戻り、午後7時から生花の練習と、モビール作り・・モビールをどのように展示するのか・・住職に知恵を絞ってもらうという大掛かりなことになっています。花展は、作品を作るだけでなく、展示方法を考えなくてはいけません。不得意な分野に、日々挑戦しています。実家から戻り、お稽古する・・初めての経験です。

東円寺の御詠歌・・

2017-10-09
 東円寺の御詠歌の練習はスパルタです。その練習方法を私なりに分析すると、若い頃、進学高校に勤めていた住職なので、まるで受験勉強の反復をするように、回数を重ねて体に叩き込む・・そんな練習です。
 
 御詠歌は、1番から5番くらい歌詞があります。寺庭婦人会の御詠歌の練習では、1番を何度も繰り返して音やリズムの確認をします。しかし、東円寺は、1番から2番そして、最後の歌詞を通して歌います。練習する曲すべてその調子で、約1時間・・声がかすれてきます。
 
 第2月曜日と、第4月曜日が練習日です。朝6時30分からLDHのプチ合宿が9時まで・・法事と葬儀・・御詠歌の練習・・売れっ子アイドルのように時間に追われて生活しています。

数年来のお付き合い・・

2017-10-08
 LDHという会社は、数年来のお付き合いです。3代目ジェイソールのボーカルバトルオーディションの合宿をしたときが最初でした。なぜ、LDHとご縁ができたのか?質問を受けることがあります。簡単に言えば、偶然が重なっただけです。
 
 内野という部落に、ベルボトムスタジオというスタジオを兼ねた合宿施設があり、そこから近いところにお寺はないか・・と、スタッフが探していました。「座禅をさせていただきたい・・」というお話があり、様々な話し合いをしているときに、都留にいらっしゃるお寺のご住職が、お葬儀の手伝いに来られていたので、相談しました。様々なアドバイスをいただき、プチ修行の形態になりました。
 
 今日から、ボーカルオーディション5に残った方が、5日間来られることになっています。お葬儀、法事、御詠歌の練習等の予定が入っている中、お断りしようと考えましたが、最終的な判断は住職が受けることに決めました。
 
 今日は8日の日曜日です。八海清掃活動日・・久しぶりの晴天でした。参加できない役員さんが多かったのですが、参加してくださった役員さんのお蔭で、無事に今月の清掃活動ができました。法事とお通夜・・今日の予定を無事に終わらせることができました。
 
 体調を整えながら、私にとっても修行の日々が始まりました。

雨漏り・・

2017-10-07
 忙しい時ほど、不運は続くものです。昨晩降り続いた雨は、以前から雨漏りの可能性を思っていた寝室の天井に異変が・・
 
 私は庫裏の台所で片づけをしていました。娘が慌てて私を呼びに来ました。「お母さん大変・・雨漏りしているよ・・」と。私の雨漏りのイメージは、ポタリポタリと天井から水が落ちてくる様子でしたが、様子が違っていました。
 
 住職は天井を見たようです。すると、天井が盛りあがっていて、何を考えたのか、その盛り上がっているところを押すと、ボタボタと水が落ちてきたそうです。誰よりも面白がっているのは孫たちで、寝る準備をしているときだったので興奮してしまいました。
 
 上の孫は、床が濡れたのを見ると慌てて新聞紙をもって来てくれました。大人顔負けの行動に驚きながら、これほどひどくなるまでなぜ?手を打たなかったのだろうと思うと、住職にイラッとしたり・・
 
 結局、息子が屋根裏へ入って、雨は断熱材に沁み込んでしまっていたので断熱材を取るという大仕事をすることになりました。けれども、そのお蔭で、急場をしのぎました。忙しい日々が続きます。修理がいつになるのか・・不安です。

河口湖高校・・

2017-10-06
 どちらかといえば天気は良いとは言えない天候でした。しかし、今後の予定を考えると、今日しかない・・そう思って衣替えをしました。天気予報も見ずに・・数日後、真夏の様な暑さになって、しまい込んだ洋服を出す羽目になるのですが・・それでも、思いきらなければ住職に寒い思いをさせてしまいます。
 
 今日は、夕方、河口湖高校の放送部の顧問と生徒が来られました。富士山世界文化遺産の構成資産について調べているということで、忍野八海がなぜ構成資産に選ばれたのか調査に来られました。
 
 古文書等々を出して、住職が説明すると、初めて聞く話に驚いていた様子だったそうです。イコモスに提出された資料は、HPでも写真で紹介しています。忍野八海が人々によって構成された事実は、諸掛帳によって証明されたこと、また、忍野村には、湧き水が8つだけしかないと思っていて、無数の池の中から、8つ選ばれていることにも驚いていたそうです。
 
 若い世代の方々に、興味を持っていただき、今後どのように守っていくのか・・また、調査などしていただけたら・・と、未来に明るい兆しを感じました。
天台宗 東円寺