寺庭のつぶやき

花展に向けて・・・

2017-10-04
 10月14日・15日に、富士吉田分会の花展が開催されます。今年は、池坊の会員になってくれた子供さんと、伝統文化親子教室の会員さんなど、昨年より多くの方がご協力くださることになっています。
 
 昨日も「不二の祈り」が終わったばかりです。本堂内は、護摩の香ばしい香りが残る中、余韻に浸っている時間がないことを残念に思いながら、反省会を兼ねた来年のためのミーティングをしました。
 
 一つの行事が終わると間を開けずに、良かったこと、悪かったことについて話し合います。そうすることで、スムーズに行かなった出来事を的確に対処することができるからです。11月3日は両大師会がありますので、その準備も同時に行います。お葬儀の連絡もあり、目まぐるしい日々は続きます。
 
 寺の行事、花の行事・・数年前と現在では忙しさのレベルが違っていることに驚いています。与えられた24時間を有効に使っているようです。

不二の祈り・・

2017-10-03
 東円寺行事の私の仕事は、お赤飯を蒸かすことから始まります。目が覚めたら、深し器のお湯を沸かすことから始めます。お手伝いしてくださる方々が来られる前に、蒸かし終わっていないと、迷惑をかけてしまうので、寝坊しないか・・それだけが心配です。
 
 お約束時間通りに、阿闍梨様は御着きになりました。日々、厳しく生活されているお姿を微塵も見せることなく、穏やかでお優しく微笑んでくださいます。
 
 「不二の祈り」のお護摩・お加持・御法話が終わられますと、急いで帰れます。明日は、お山(比叡山)に上がられる予定だそうです。忙しい中、東円寺にお越しくださるのは、一人でも多くの方の願いをお不動様にお聞きいただくためであると思います。
 
 今年は、回峰行の祖・相応和尚1200年御遠忌です。また、上原阿闍梨様の弟弟子になられる釜堀阿闍梨様も、10月14日に京都御所を土足参内されるそうです。縁というのは、繋がるべきして繋がっているのだと感じます。昨年より多くの方にお参りいただきました。天候に恵まれ、温かな日差しは、心を温かくしてくれました。素晴らしい一日でした。全てのものに、感謝しています。

床の間に・・

2017-10-02
 実家の弟夫婦が毎年手伝いに来てくれます。弟の奥さんは子供の扱いに慣れているので、子供も親しみやすく大好きです。弟夫婦の手伝いは何より心強く感じています。
 
 床の間に飾るお花をどのようなものにしたらいいのか・・少しばかり教えるようになると、心構えが違っている自分に驚きます。立花を生けることができたら何よりのおもてなしになります。しかし、時間的に私の実力的に難しいので、濃い紫色のトルコキキョウ一種のお生花にしました。
 
 少し暗い色ですが、紫色は高貴な色なので、気に入っていただけるのでは・・と思ったり・・自信を持って生けられない未熟さを反省したり・・
 
 様々な用事が続きすぎて、今日の予定が無事に終わること・・それだけが私の生きる目標です。

巡回講座・・

2017-10-01
 全国を回る池坊の巡回講座・・山梨県で行われる巡回講座は、最後の開催だったようです。。けれども、小学生の子供さんが講座を受講してくださることになりましたので、ご一緒に参加させていただきました。
 
 今日もご近所さんの法事に参列しなければならず、今日は娘にお願いして私は甲府へ行きました。河口湖から御坂方面に抜けるトンネルが開通したお蔭で、甲府方面へ行くには時間が短縮されます。
 
 帰宅するとみんなで、3日に行われる「不二の祈り」の準備を真剣にしていました。手伝わずに出かけていることを申し訳なく感じながらも、人を乗せて甲府を短時間で往復した疲労感は、家に到着すると安心感から頭がぼーっとしてしまいました。
 
 けれども、食材等の買い物が終わっていませんので、約1時間頭を休めた後、買出しに出かけました。今日もぐったり・・です。

着替えた状態で・・

2017-09-30
 今日は、幼稚園は運動会です。お弁当を作るのに早起きをした娘は、忙しくしていました。私も卵焼きを手伝いました。悲しことは、今日は一日猛烈に忙しいので、孫たちが活躍するであろう・・運動会に行けないことです。
 
 今日は、お花のお稽古と、近所の法事へ参列しなければなりません。運動会でなければ、娘にお願いできましたが、運動会ではどうにもなりません。お子さん方も忙しいので、お花のお稽古日も変更できません。
 
 数分でも時間短縮のため、フォーマルな洋服にエプロンをして庫裏を飛び回ることになりました。息子も運動会へ行ってもらったので、本堂で法事をするお宅の法事の準備を手伝ったり・・お茶を出したり・・最後が、近所の49日忌です。ただ目が回ります。
 
 お稽古は、花展のモビールを作りましたので、各自で真剣に作成してくださり、とても素敵な作品に仕上がりそうです。微調整やお花を入れるのは次回にしていますので、お稽古も皆さんのお蔭で無事に終わりました。
 
 運動会も年子の子供は、それぞれに保護者が必要なので、それなりに大変だったようです。来年のことを想像すると不安を感じますが、何事もなるようにしかならないものです。子供の無邪気な姿に癒されながら・・今日が無事に終わったことに感謝して・・
 
天台宗 東円寺