寺庭のつぶやき

三連休・・

2017-09-15
 なぜ?これほど新幹線が混雑しているのか・・明日から三連休だったことを思い出しました。テロ対策強化のため、10分おきに車掌さんが見回りをしていました。必ず、ゴミ箱も不審なものがないか確認していました。
 
 私は、明日からの生活を想像するだけでクラクラしています。焦ってもどうにもならないと思うと、現実だけが目の前にチラつきます。
 
 最近まで、親先生が事務的手続きをしてくだっていましたが、最近は、私自身も手続きをしなければならないことが増えてきました。これほど、時間を費やして学んでいるのですから、収穫は多くなるよう努力するのが私の務めだと感じています。
 
 明日からの三連休は、魔の三連休です。出かけるまでの準備以上に片づけは時間がかかります。想像しただけで秋祭りも19日・20日に控えています。それだけではない、大切な予定が幾つもあります。
 
 体調管理をして、一つずつ・・終わらせていく・・気合をいれないと・・・

大好きな自由花・・・

2017-09-14
 池坊の花形はどれも好きです。勉強不足のため、うまくはありませんが、心に浮かぶ何かを生け花で表現できるようになりたいと日頃感じています。けれども、好きな花形は、自由花です。技術が劣るために、作品に自分の思いを表現できていないということを理解しながら、生けることを楽しむことができます。
 
 お花に取り組む姿勢が違い過ぎて、周りの人に、自由花だと目がキラキラ輝いているよね・・と言われます。落ち込むことも多いのですが、次はもっと頑張ろう・・そう前向きに思える花形です。
 
 なぜ好きなのか?と質問されても、その質問に、現況では的確な答えが見つかりません。自分でも理由が分かりません・・いつかその答えをはっきり見つけるために、・・それが今後のテーマです。
 
 今日は自由花のモビールを制作しました。講義を聞きながら頭に浮かんだものを形にする面白さにワクワクします。

縁というのは・・

2017-09-13
 最近ご縁のある人とは、前世でもご縁があったのでは?と思うことがあります。前世を知る人はいません。何となく覚えている人もいるようですが・・前世は知らない方が良い・・と言うことも聞いたことがあります。人に言えない罪を犯していることがある・・そんなことも聞きます。
 
 出会うべきして出会った・・そんな風に感じる人は多いわけではありません。けれども、このお店素敵・・と感じて飛び込んで入った祇園のbistroyamadaというお店で出会った谷さん・・
 
 シェフの奥様であり、映画関係のお仕事をしています。今日は、谷さんのお姉さまとの食事会に飛び入り参加させていただくことになりました。少し時間があったので、お店まで歩くことにしました。それがだいっ失敗・・すっかり道に迷ってしまい、お迎えに来ていただくことに・・どうして私はドジなのでしょう・・
 
 出会って約1年・・私というと人は、人と関わるときに積極的になれない人です。時に例外があり、連絡しなければ・・とか、連絡を取りたい・・と衝動的に思うと、自分でも驚くほど積極的に行動していることもあります。
 
 様々な霊感が存在しますが、私は直感的に感じる人です。谷さんもタイプは違いますが、何かを持っている人です。この先、谷さんとの出会いがどのような化学反応を起こすのか・・今はまだ未知ですが、出会うべきして出会ったのだと、会うたびに、話をする度にそんな風に思うのは、始めてのことです。

何が何だか??

2017-09-12
 なぜ?私は貴重な時間を使って、これほど苦しい思いをしているのか・・お勉強する度に感じます。けれども、現状では、この時間を使って学ばなければ、人に教えることなど到底できないことも、学ぶからこそ見えてきます。
 
 それは必死に・・先生のお話を聞き、一語一句聞き洩らさないようノートに書きつけ、実技に生かそうと意気込みますが、意気込みだけでは生けられないのが、池坊のお花型です。
 
 先生からダメ出しをいただかなくても、周りで生けられている皆さんのお花を見れば一目瞭然です。しかし、家にいればお花だけを生けているわけには行きません。今日という日を大事に、今日しかできないことを精一杯向き合いたいと思っています。本音を言えば、私の人生そのもので・・・何が何だか・・わかりませんが・・

池坊・・

2017-09-11
 池坊の歴史は、仏様にお供えする供花として始まったと言われています。天台宗の寺院と一つでした。ご本尊は如意輪観音、西国三十三観音霊場の18番の札所として、多くの方がお詣りに来られる六角堂頂法寺・・朝は、必ずご本堂にお参りしてからお稽古に入ります。
 
 歴史に全く興味関心のなかった私は、池坊の歴史を学ぶことで、東円寺の歴史や天台宗の歴史、又日本文化がリンクすることで、過去・現在・未来の寺院のあり方、また、私自身の生き方を考えることに夢中になりました。
 
 知識だけなら・・楽しいのですが、お花のお勉強ですから実技があります。多くの方は、技術を磨くことを醍醐味とされていると思うのですが・・特に立花と言う花形は、生けるために時間が必要です。この時間がなかなか惜しく感じてしまい、よほどのことがなければお稽古しません。
 
 当然のことですが、今日のお勉強のための予習をされた方と同じお花が生けられるはずもなく、開き直れば良いものをそうも思えず・・今日できることを必死にやっています。
 
 開き直ってしまえば前進はないと思いますので、必死に食らいつこうとしている自分に呆れながら・・時には情けなくなったり・・なんのためのお勉強なのか自問自答しています。煩悩の塊です。
天台宗 東円寺