寺庭のつぶやき

重陽の節句

2017-09-09
 今日は重陽の節句・・五節句の中でも私が一番好きな節句です。菊の花を浮かべて日本酒をいただくそうですが・・私は全くお酒が飲めません。アレルギーというわけではなく、アルコールの味が好きではありません。この世に誕生してから現在まで、お酒が飲めなくても困ることはありませんでした。陽気な性格と、お酒の席でその雰囲気に酔えるという特技のお蔭で、まさか・・お酒を飲んでいないとは誰も信じないようです。
 
 お酒が飲めないのになぜ?重陽の節句が好きなのかと言いますと、風情を感じるからだと思います。秋という少し物悲しい季節です。けれどもそんな秋を楽しむ・・大人の節句だからでしょうか・・
 
 今日は一日早かったのですが、孫のお誕生会をしました。お気に入りのそうめんスライダーで、そうめんではなく、孫の大好きな御蕎麦を流しました。どんなご馳走より美味しかったようです。
 
 両祖父母からの誕生日プレゼントが嬉しくて、とても興奮していました。息子の両親とは、ラインのビデオ通話をしていました。日増しに言葉を覚えて話している姿は頼もしく感じます。至福の時間でした。

二か月ぶりに・・

2017-09-08
 八海清掃活動は、毎月(3月~12月)8日(雨が降った場合は順延)に予定しています。8月は、8日は忍野八海祭りがあるため、5日か4日に変更されます。しかし、決定した日が雨の時は、お盆の様々な行事が7日以降続きますので、中止になります。
 
 先月は、雨の為活動できませんでした。東円寺の役員さん以外の方も数名、活動に参加してくださるので、2カ月間が空いてしまうと、久しぶりだな~という会話になってしまいます。
 
 昼食はカレーライスと決まっています。芋嫌いな方、鶏肉が苦手など、最近は様々な事情がありますので、要望はお聞きしながら、時には我慢していただくこともあります。
 
 嫌いなものをネタに、会話が弾みます。家庭で定番のカレーライスですが、大勢で食卓を囲んで食べる雰囲気が、食事を一層美味しくするのだと感じます。ご参加くださった方々に、仏様のご加護がありますように・・・

必死に・・

2017-09-07
 毎日カレンダーのスケジュールを確認することから一日が始まります。朝食の時に、個々の予定を聞くことも習慣になってきました。
 
 私は、神奈川寺庭婦人の御詠歌の練習がありました。縁というのは不思議なものです。御詠歌の指導をしてくださる先生の檀家の総代長さんが、忍野村でお花の栽培をしているそうです。
 
 先日、寺庭役員会のため神奈川に出かけて留守をしていると、「今日は車がないのですね・・」ということを言いながらご夫婦でお参りに来られた方がいたそうです。御詠歌の先生の寺院の総代長さんご夫婦だったそうです。菩提寺に富士山ナンバーの車が止まっていることから、菩提寺の奥様(御詠歌の先生)が、山梨から練習に来ていることをお話してくださったようです。
 
 東京オリンピックに桜の花を咲かせたい・・・日本に来られる諸外国の方々にお花でおもてなしをしたいという夢を、息子さんが持っておられ、実現も夢ではないようです。ご縁というのは、不思議なものです。

忙しい子供たち・・

2017-09-06
 夏休みモードもすっかり切り替わり、小学生も幼稚園も運動会の練習が厳しいようです。生徒たちも大変でしょうが、先生方のご苦労も相当なものだと感じます。
 
 都会に比べて田舎は、習い事の種類は多くありませんが、それでも、教育に対する意識は高く、一週間の間に1日お休みがあるかないか・・そんなお子さんも多いようです。
 
 子供も大変ですが、それをサポートしている親の苦労はやはり並大抵ではないと思います。政治的な動きは、主婦を中心に働き手を見込んで様々な政策が考えられているようですが、育児・・家事・・パート・・生きるということを急かされているように感じます。
 
 そう言う時代なのですから、仕方ない・・のかもしれません。けれども、時にはゆっくり、のんびりと考える時間も必要ではないかと思います。そう言う私自身、思考はいつもフル回転していて、煩悩の塊ですが・・・
 
 お花のお稽古に対するイメージは、優雅かもしれませんが、お稽古はメンタルを強化されます。けれども、その経験が学びとなって、生活に潤いを与えてくれることを確信しています。子供たちに少しでも、学びの場を提供していと思っていますが、そう考えるのも欲・・なのでしょうか・・

いよいよ・・

2017-09-05
 忍野村は、夏を感じられる日が少なく、今年の8月は雨の日が多かったのであっと言う間に秋が来たような気がします。忍野村の小中学校の夏休みは短く、県内でも一番早く二学期が始まりました。
 
 8月は、お盆や夏休みで母親の実家へ帰省する子供さんも多く、お花のお稽古はできませんでした。9月に入り、研究会もありますので、いよいよ気合を入れてお稽古をしなくてはいけません。
 
 研究会の課題も決まりました。しかし、なかなか難しい課題になっています。同じ花材で何度かお勉強しても、手早くは生けることはできないと思います。
 
 子供たちは9月には運動会もあり、習い事もあり息つく暇はないようです。子供が忙しいということは、親も忙しくしています。学校行事・・習い事・・発表会・・進級試験や検定等々・・皆さん忙しくしています。
天台宗 東円寺