寺庭のつぶやき

迎え火を・・

2017-08-16
 今年のお盆は、雨雨の日々でした。気温は上がらず、棚経に歩く住職たちにとっては過ごしやすい日々だったようです。朝から、ご先祖様を送りに、多くの方がお墓参りに来られていました。大雨など全く関係ありません。朝から夕方まで、ひっきりなしにお墓参りに来られる様子は、ライブ中継をしなければ伝わらないね・・と、冗談を言うほどです。墓地がお線香の煙でかすむほどです。
 
 お盆の最終日は、昨年から復活した精霊流しが午後1時からありました。大雨が降る中、精霊流しに来てくださる人はいるのだろうか・・という不安を感じながら、御詠歌の皆さんと会場へ向かいました。
 
 午後1時少し前には、数軒の新盆をされたご家族が来られました。私たちは、決められたことをやり遂げるだけです。雨はやむ気配はありませんでした。けれども、思い出に残る精霊流しでした。
 
 午後6時・・お墓参り来られる方もいなくなりました。寺院は、ご先祖様がお帰りになるので、迎え火をたきます。毎年不思議に思うことがあります。天候に関係なく、13日の送り火の煙は、山門から村に向かって流れます。16日の迎え火は、本堂の裏手に墓地がありますが、本堂に向かって煙は流れてきます。お盆・・・は不思議な期間です。

様々な縁・・

2017-08-15
 今日も午前8時前には棚経のため家を出た住職と息子・・お手伝いくださっている龍石寺ご住職。13日は、忍野村は新盆見舞いに歩く風習があります。東円寺でも、新盆見舞いをいただいていますので、新盆見舞いに歩くのは寺庭の務めです。
 
 5年ほど前から娘が新盆見舞いをしてくれています。人によっては、私が楽をしたいために娘に歩かせている・・と思っている人もいるようです。しかし、若いうちに皆さんの家や顔を覚えるという利点もあると思います。物事は見る視点によって変化しますので、私は私の流儀で、娘に檀家さんとの関係を作ってほしいと思っています。
 
 今日は、三代目ジェイソールのファンがお参りに来てくださいました。自分自身のお願いは、今市さんや登坂さんに会えるように・・と言うことですが、本当の意味でのお願い事は、いつまでも活躍できますように・・・ということのようです。
 
 人はそれぞれに、様々な人生を背負っています。苦しい時の癒しが、今市さんや登坂さんの活躍を見守ることのようです。今市さんや登坂さんの立場で考えてみますと、これほど思ってくださるファンがいることは幸せなことです。反面、ファンのためにも頑張らなくていけないプレッシャーがあるでしょう。
 
 私にとって、大スターになった今市さんも登坂さんも、今日お参りに来てくださった方々も、皆健康で幸せであってほしいと願う人です。不思議なご縁に感謝です。

お盆・・

2017-08-14
 昔の人は、お盆中は海や川・山などに遊びに行ってはいけない・・と。私は誰に聞いたのか、けれども、そう言われた言葉は今でも心に残っています。見えない何かに連れて行かれる・・そのようなことを誰かが言っていました。
 
 今になれば、迷信だと笑われてしまいそうですが、お盆中に海や川・山などで事故に遭うニュースを耳にしますと、迷信だと笑えない何かがあるのではないかと思います。
 
 お盆中は、魑魅魍魎がうようよしているようにも思います。盆棚に飾られた様々なご馳走とは別に、盆棚の下に蓮の葉などを置きそこに供物を置くことがあります。施餓鬼と言うそうですが、餓鬼もお盆の時だけは、おこぼれが頂戴できることを想像しますと、やはりお盆は、ゆっくりご先祖様を偲ぶ時なのかもしれません。
 
 毎日決められたノルマをこなす住職たち・・気温が低いため体は本当に楽な様子を見て安堵します。お経をあげては、断り切れないお茶を飲み、夕飯に何もいらない・・という感じの住職たちが、美味しそうに思える夕ご飯を作っておくのが、寺庭の務めです。
 
 午後6時・・孫に夕飯を食べさせて、住職たちの帰りを待ちます。午後7時過ぎに戻った住職たちは7時30分過ぎに夕食になります。お盆は、様々な思い出があります。懐かしい思い出と、当時からは想像もつかない孫との生活・・お盆は不思議な期間です。

送り火・・

2017-08-13
 朝から雨が降っていました。気温が上がらないお蔭で、棚経に歩く住職たちは、体力的に楽だと聞きます。東円寺の棚経は、期間が決められていますので、期間内に終わらせなければならないというプレッシャーがかかっています。
 
 昔ながらの習慣が息づいているということは、伝統が引き継がれているという反面、時代と合わないことで生じるひずみを感じることもあります。それは、どちらが正しいと判断できないので、良い加減に調整することの難しさに日々直面しています。
 
 一般家庭では今日は迎え火を焚きます。しかし、寺院はご先祖様を送る・・送り火を焚きます。今年ほど、大雨の送り火は初めてでした。本当に不思議ですが、どのような天候でも、送り火の煙は、山門から各家庭に向かって流れて行きます。今年は、山門が修復工事をしていますので、鐘を撞くことはできませんでした。
 
 「いってらっしゃい・・」と送り出す私の言葉に、孫たちが反応します。下の孫は、誰かいるのかと思って辺りをきょろきょろ見ています。上の孫は不思議そうな顔で、私を見ていました。秋のような肌寒い気候は、お盆という感じがしませんが、送り火が終わる頃には、いつもと違う雰囲気があります。今日から3日間・・無事に棚経が終わることを祈るだけです。

お盆の棚経・・

2017-08-12
 今日から本格的に棚経が始まりました。今日は、神奈川県にあるお檀家さんのお宅を回ります。午前8時に出かけ、午後4時に戻り、お盆に合わせて墓地を作られた方の納骨をしました。
 
 昔から忍草村に住む方々は、皆親戚です。お盆が近くなると新盆のお宅一覧表を東円寺にもらいに来る方がいます。昔から、差し上げているので、その習慣は続いています。
 
 富士吉田地区にも檀家があります。現実を考えると、13日前から棚経に歩きたところですが、何十年も13日~15日までの間に棚経をしているので、習慣を変えることは難しいようです。
 
 多様化した生活・・多様化した考え・・けれども、昔ながらの習慣は習慣として残っています。それが良いと思う反面、これでいいのかしら・・考えさせられます。
天台宗 東円寺