寺庭のつぶやき

貸衣装・・・

2018-04-09
 今年秋に、七五三のお祝いを予定しているようです。今流行りの、写真屋さんで衣装をお借りして、写真を撮ると衣装代は無料・・というところもありますが、様々な情報を入手して娘は、一般の貸衣装屋さんで着物を借りて、写真館で写真を撮ることにしたようです。結果的に、料金は変わらないと判断したからです。
 
 秋の話ですが、東円寺は八月に入ると年末まで瞬きしている間に過ぎてしまう・・と錯覚するほど行事が多いので、お祝いの準備だけでも頭が痛くなる・・とぼやいていました。
 
 お婿さんの親御さんも茨城です。スナップ写真程度でしたらお祝いする当日でもいいのですが、その前後に万が一お葬儀が入ってしまったら・・という不安もあり、比較的穏やかなGWに家族写真を撮りたい・・という娘の希望があったようです。
 
 住職の妹の知り合いの貸衣装屋さんに連絡して、着物を選ぶことになりました。今日は、幼稚園は入園式だそうです。始業式をしたとおもったら三連休です。毎日、大きな声が響きわたっています。
 
 娘が結婚式をしたときに借りた白無垢と色打掛の懐かしい写真をもって行きました。結婚して六年・・結婚式をして半年ほど経ってから写真をもって来てくださる方はいますが・・六年ですか・・懐かしいですね・・と、写真を見る社長さんは、時間が経過しいることでこみあげてくる様々な思いを巡らせていました。特別な時間でした。

役員会議・・・

2018-04-08
 東円寺の役員の任期は3年です。今年は、役員改正の年です。9名役員がおりますが、1名は40年近く東円寺の役員として勤めてくださる方がいます。その方は、交代はありません。相談役として残ってくださいます。
 
 東円寺の希望としては、半数の方に残っていただき、半数が交代することを願っていましたが、体調の思わしくない方もおられ、2名の方が残ってくださいました。
 
 年間には、様々な行事があります。ある方は、浅間神社と東円寺を比べて、出席しなければならない日を計算するという人もいるようです。どちらにしましても、役を受けてくださらなければ、スムーズに行事は運びませんので、お手伝いくださる役員の存在は大きいと思います。
 
 新役員になり、初めての会合でした。4月21日には子育地蔵尊大祭がありますので、奥様方にもお手伝いいただきます。初めてのことは、戸惑うことも多いと思いますが、少しずつ慣れていただけたらと思っています。
 
 前任の役員の皆様との思い出は数多くあります。気心が知れてお互いを理解できるようになった頃だと思います。行事のたびに、前任の役員さん方を思い出すことでしょう・・・

作品作り・・

2018-04-07
 来週13日~16日まで池坊会館において、春のいけばな展が開催されます。このいけばな展に展示させていただいて、初めて中央研修学院の特別課程を終了したことになります。
 
 私は、自由花を制作しています。お花をお勉強させていただけるだけでもありがいたことなので、多くを望んではいけませんが、作品に必要な花器や花材をゆっくりお店を巡って探したいと思ったりします。けれども、そこまでの時間を費やすことは、私の心が許されず、家事をしながら思いを巡らせては、悩んでいました。
 
 先日、孫のおもちゃを片づけていると面白い形のうまく使えば花器になるかしら・・というもの発見しました。娘に、「それ面白いんじゃない・・」と言われ、住職に知恵を借りながら、細工してみました。
 
 いつものことですが、発想は面白くても構成のつめが甘く、まとめることが課題です。花器と植物とある程度完成しつつありますが不安要素は残ります。後数日ですが・・・どうなるのでしょうか・・

意識の違い・・

2018-04-06
 今日から孫は年少さんと年中さんです。年少になった孫は初のクラス替えです。一つ年上になることを嬉しく感じている様子が可愛く、気合が入って幼稚園に向かいました。11時にお迎えですから、あっと言う間の時間です。しかし、帰宅した孫の機嫌の悪さは驚くほどでした。
 
 何かママが忘れ物をしてしまったようです。初日に忘れ物をしたことがよほど嫌だったようで、ママにぷんぷん怒っている様子も可愛い・・と言えば、ママに叱られそうです。
 
 夕方は、山梨県の精神対話士の役員会がありました。毎日家を空けていることの罪悪感や娘も用事があり出かけるというので、夕飯はお弁当を作って置くことにしました。
 
 私のお弁当のおかずの中心は、住職です。茶色のおかずを見た娘は、これじゃ大人のお弁当ね・・と。冷静にその言葉を聞きますと、娘のお弁当の中心は子供たちです。当たり前のことですが、同じ屋根の下で生活し、食事も同じものを食べていますが、見ているところは全く違います。些細なことですが、当たり前のことは当たり前ではないことを再認識しました。

予定通りに・・

2018-04-05
 今日は月に一度の友人宅で教えていただくお花のレッスン日です。今日は、レッスンしたお花を出産祝いのプレゼントしようと思い、先生にご相談すると、おむつケーキを教えてくださるとのことでした。とても楽しみなレッスンでした。
 
 おむつケーキの発祥は、アメリカのようですが、おむつばかりではなく、ベビー服で作るものもあるようです。下の孫が生まれた時ですから3年前に、おむつケーキをプレゼントしていただきました。また、娘は見様見真似で作ったおむつケーキを友人にプレゼントしていました。しかし、今回私が体験したおむつケーキは、教えてくださる先生の知恵や知識が詰まっていますので、手間がかかり、けれども、それはそれは素敵なおむつケーキが出来上がりました。
 
 生け花でも、見えないところに手間をかけると、作品はより美しく仕上がります。分かる人には分かっても、分からない人には分からないひと手間が大切だということを痛感しました。
 
 本当に楽しい時間でした。おむつケーキのプレゼントは賛否両論あるようです。けれども、先生の作品は、いつまでも飾っておきたい・・と思う仕上がりですから、喜んでいただけるのではないかと思っています。ひと手間を忘れないために、近いうちに幾つかおむつケーキを作成したいと思うほどです。
 
 レッスンの後は、知り合いと来週予定されている会議の打ち合わせをさせていただきました。私の勝手な都合で、今日という日を設定させていただきました。
 
 本題よりも、女同士のよもやま話は時間を忘れさせます。本題である会議の打ち合わせも無事に済みました。午後9時・・自宅に戻ると時計は11時を指していました。
 
 時間に追われた一日でしたが、予定通りに用事が済むことはあり難いことです。