寺庭のつぶやき

庫裡の繰り言

 寺庭のつぶやきは、日々感じる矛盾、人間関係、お寺ならではの苦悩、時には、つぶやきではなくぼやきもありますが、四苦八苦しながらお寺で生活をしているリアルタイムな話題を、お届けしたいと思っています。
 ご意見などありましたら、お問い合わせから、気軽にアクセスしてください。
 写真は、クリックしていただくと、大きく見ることが出来ます。

 ホームページをリニューアルしたことによって、過去のつぶやきを簡単に見ることが出来るようになりました。

 

追われる日々・・・

2018-04-13
 毎日、様々な方が訪れてくださいます。数日前も、大寄先生が大寄友右衛門さんのお孫さんの嫁ぎ先のご子孫と一緒にお参りくださいました。
 
 目まぐるしい日々を送っていますが、大寄先生といくらかでも血の繋がったご子孫とお会いできたことや、その方のお家柄などをお聞きしますと興奮せずにはいられませんでした。
 
 帰られた後、興奮し過ぎてどっと疲れたほどでした。しかし、話し込んでしまった時間を取り戻すような気持ちでやりかけの仕事をしますと、あっと言う間にその日が過ぎていました。
 
 明日から、池坊研修学院祭に出展するため出かける身支度をしなければなりませんが、出展する作品の大枠ができたような・・不安な気持ちだけが残りますが、出展する作品を制作する前に、東円寺のパンフレットの打ち合わせをすることになっています。明日は、どんな一日なるのか・・・まず、準備・・早朝寝坊せずに出発できるのか・・心配なことばかりです。

総会・・・

2018-04-12
 今日は、神奈川教区寺庭婦人会総会が川崎市で行われました。神奈川県は、不思議なところです。地域色がはっきりしています。川崎市の中心街に車を走らせると、横浜市でもない、藤沢市でもない、相模原市でもない、平塚市でもない・・何とも言えない街並みを眺めながら、すっかり道に迷ってしまいました。
 
 迷う・・と言いましても、地図に書かれている駐車場にたどり着けないだけですが・・約30分グルグルと右に曲がったり、左に曲がったり・・
 
 路地に入りますと、怪しげな人相の男性が数名、それらしい車をビルの前で洗車しています。何もしなければ、危害はないということを分かっていますが、やはり怖いものです。
 
 焦る気持ちを押さえながら、やっと車を駐車場に止めると、今度は会場がどのビルなのか分かりません。電話をかけて確認・・30分早く到着する予定が、集合時間ぴったりになってしまいました。
 
 総会は、議事通り順調に進行しました。昨年は、50周年記念行事が執り行われました。例年よりも報告することが盛りだくさんだったので、レジメを作成すること、会員の皆様により分かりやすく内容を考えた役員
はどれほど大変だったでしょう。
 
 何となく気がかりだった総会が終わり、安堵・・の一言につきます。

準備・・・

2018-04-11
 子育地蔵尊大祭が10日後に控えながら、私の頭の中には、15日からの池坊中央研修学院祭の花展のことで頭がいっぱいです。その前ににも、明日の寺庭婦人会総会も何となく気にかかっています。
 
 けれども、手伝ってくださる方の助言や手助けがあるお蔭で、何とか日々の生活、大きな行事を終えていることを振り返りますと、家族や様々な方々に感謝です。
 
 どちらにしても、起床している時間・・、起きているだけではどうすることもできない、お店の開いている時間は貴重です。こんにゃくなどの痛まない食料の買出しをしました。こんにゃくとうどんだけでタイヤが沈み込んでいます。時間のやりくりは、何よりも重要です。
 
 今日できることを・・今できることは・・それが日々心がけていることですが、それにしても、体力よりも気力が持続できるのか・・心配です。

新緑・・

2018-04-10
 忍野村は桜が見ごろを迎えています。しかし、高速道路を走りますと、新緑の世界が広がっています。寒いような・・暑いような・・温かくて気持ちいい・・という日が少ないように感じます。
 
 先日、今年初めて鶯の鳴き声を聞きました。鶯が鳴いていると春を感じます。しかし、今年の桜の花の咲き方は例年と違い、違うのですがうまく説明することができませんが、天候不順のためでしょうか、4月を意識できないまま10日経ってしまいました。
 
 実家のハナミズキの花が満開に咲いていました。例年4月10日は桜が満開の時期です。栃木市の桜で有名な場所は大平山です。5月10日になりますと、ハナミズキの花は終わっていて、葉っぱが青々としていますので、少しだけ得をしたような気分になりました。

貸衣装・・・

2018-04-09
 今年秋に、七五三のお祝いを予定しているようです。今流行りの、写真屋さんで衣装をお借りして、写真を撮ると衣装代は無料・・というところもありますが、様々な情報を入手して娘は、一般の貸衣装屋さんで着物を借りて、写真館で写真を撮ることにしたようです。結果的に、料金は変わらないと判断したからです。
 
 秋の話ですが、東円寺は八月に入ると年末まで瞬きしている間に過ぎてしまう・・と錯覚するほど行事が多いので、お祝いの準備だけでも頭が痛くなる・・とぼやいていました。
 
 お婿さんの親御さんも茨城です。スナップ写真程度でしたらお祝いする当日でもいいのですが、その前後に万が一お葬儀が入ってしまったら・・という不安もあり、比較的穏やかなGWに家族写真を撮りたい・・という娘の希望があったようです。
 
 住職の妹の知り合いの貸衣装屋さんに連絡して、着物を選ぶことになりました。今日は、幼稚園は入園式だそうです。始業式をしたとおもったら三連休です。毎日、大きな声が響きわたっています。
 
 娘が結婚式をしたときに借りた白無垢と色打掛の懐かしい写真をもって行きました。結婚して六年・・結婚式をして半年ほど経ってから写真をもって来てくださる方はいますが・・六年ですか・・懐かしいですね・・と、写真を見る社長さんは、時間が経過しいることでこみあげてくる様々な思いを巡らせていました。特別な時間でした。