寺庭のつぶやき

庫裡の繰り言

 寺庭のつぶやきは、日々感じる矛盾、人間関係、お寺ならではの苦悩、時には、つぶやきではなくぼやきもありますが、四苦八苦しながらお寺で生活をしているリアルタイムな話題を、お届けしたいと思っています。
 ご意見などありましたら、お問い合わせから、気軽にアクセスしてください。
 写真は、クリックしていただくと、大きく見ることが出来ます。

 ホームページをリニューアルしたことによって、過去のつぶやきを簡単に見ることが出来るようになりました。

 

夏休み・・

2018-07-26
 いよいよ夏休みに入りました。孫たちの通う幼稚園も、今週から夏休みになりました。仲良く遊んでくれているときは良いのですが、一度喧嘩が始まりますと、見ている大人がやきもきしますので、なるべく離れて遊んでほしいと思ったりしますが、「何している?」という感じで、お互いに寄って行きますと・・・
 
 今年は暑い日が続いていますので、毎日のようにお檀家さんが持って来てくださいます。そうしますと、下処理をして冷蔵庫へ入れたり、調理して冷凍したりして保存しています。こばえも多いのので野菜などは傷ませないようにすることが急務です。娘は、時に野菜と格闘したり、子供と格闘したり忙しくしています。
 
 先日、お檀家さんからお電話をいただき、ブルーベリーがたくさん生っているからお孫さんと一緒に収穫においで・・と言っていただき、住職が孫たちを連れて、たくさんのブルーベリー収穫をさせていただきしました。
 
 セミの抜け殻を集めたり、ブルーベリーを収穫したり、様々な体験をしている孫を見て、自然豊かな土地で暮らせていることに感謝です。

大掃除・・・

2018-07-25
 現在車庫の建っているところは、保育園の園舎がありました。しかし、閉園した後老朽化が激しいため、建物を解体しました。園舎によって保護されていてた井戸があります。井戸の保護のため、車庫という形の保護する場所を作りました。
 
 車庫を建てた当時、お婿さんに来てくれることになった息子にできることは、趣味を楽しんでもらうスペースの確保も重要な課題でした。庫裏や本堂は、江戸時代に建てられてものです。富士登山をするための講中さんの宿泊場所を兼ねていたと想像されます。現在も、間取りは当時のままです。歴史的な過去を思いますと、改築などできません。けれども、住居としては様々な問題点が・・・
 
 私がお嫁に来た時に古い離れを壊して、現在の建物を建てていただきましたが、若夫婦のために更に離れを増築することは得策ではないと判断しました。離れは、改築しました。
 
 そんなこんなの理由があり、簡易的に作った車庫を物置を兼ねて、2階建てにしました。2階の物置を機能的に使うことになりました。お金がありませんので、親戚にお願いして、私自身がお手伝いするので手伝ってほしい・・と話しますと、快く引き受けてくれました。
 
 2日ほど前から大掃除が始まりました。私も気忙しくしていますのであまり時間は取れません。仕上がるのはいつになるのか分かりませんが・・・ぼちぼち楽しみながら・・・頑張ります。

地蔵盆・・

2018-07-24
 東円寺のお檀家さんで静岡県御殿場市というところに、一軒だけ地蔵盆をするところがあります。住職は、棚経へ参りました。
 
 今年は暑いというこが分かるのが、忍野村の名物トウモロコシが収穫できていることです。御殿場のお檀家さんは忍野村のトウモロコシが大好きなのだそうです。
 
 棚経へ行きますと、必ず「もう、トウモロコシは収穫されていますか?」と聞かれるそうです。今年は、前日、親戚からトウモロコシをたくさん頂戴したので、住職は、数本お土産に持って行きました。とても喜んでくださっていたそうです。
 
 夏を感じつつも、夏至を過ぎ、少しずつ日暮れが早まっていくことを感じますと、お盆は秋の気配を感じます。酷暑ですから、体調管理をしながら、短い夏をしっかり堪能しなければもったいないのかもしれません。

お盆前の・・

2018-07-23
 8月7日には、新盆施餓鬼供養という東円寺の行事があります。東円寺の行事のときには、必ず御詠歌をさせていただいています。今日は、7日にお唱えする曲を重点的に練習しました。
 
 比叡山賛仰和讃をお施餓鬼で初披露することになりました。心が清らかになるような曲と歌詞です。講中の皆さんも気に入ってくださっています、
 
 好き・・と言う気持ちはとても素敵な感情です。練習にも熱が入ります。何度も何度も練習しました。新盆施餓鬼供養というのは、今年初めての亡くなられた方が対象です。亡くなられた方がこの世にいるような気持ちが私たちにあるので、寂しいという気持ちになるのではないかと思います。けれども、御詠歌を聞くことによって、穏やかな気持ちになっていただきたいと思っています。
 
 

精神対話士の会合・・・

2018-07-22
 午前中、法事のお茶の準備や片づけを終えて、午後2時から精神対話士の会合がありました。
 
 今日の会合は、やるせない気持ちが募る会合でした。詳細を紹介してしまうと、私の個人的な見解で済まない内容も含まれてしまうかもしれませんので、やるせない気持ち・・と言う表現でやめておこうと思います。
 
 グループというのも一つの組織になるのだろうと思います。組織が組織として活躍する場合は、意味深いものになると思います。しかし、組織が存在することによって、制約も生じます。
 
 制約とは、組織を守るためのものでもあるので、軽視できない重要なことです。しかし、その制約によって、難しくないお話が、難しくなってしまうことは、なんだか違うような・・そう感じるのは、私の物差しで測っているからです。
 
 分かっているからこそ、辛い状況・・グループとしてできること・・個々に考えていかなくてはいけないテーマに感じます。そんなことを強く感じた一日でした。
天台宗 東円寺