寺庭のつぶやき

庫裡の繰り言

 寺庭のつぶやきは、日々感じる矛盾、人間関係、お寺ならではの苦悩、時には、つぶやきではなくぼやきもありますが、四苦八苦しながらお寺で生活をしているリアルタイムな話題を、お届けしたいと思っています。
 ご意見などありましたら、お問い合わせから、気軽にアクセスしてください。
 写真は、クリックしていただくと、大きく見ることが出来ます。

 ホームページをリニューアルしたことによって、過去のつぶやきを簡単に見ることが出来るようになりました。

 

またやってしまった・・・

2018-01-26
 数日前、携帯電話を機種変更を相談すためにDoCoMoへ行きました。機種変更には5ケ月ほど早かったのですが、データが重いこととカバーがボロボロになってしまったので、変更することによって高額にならなければ・・と。
 
 結論は、まだ既存の携帯を使うほうがいい・・というお話でしたが、その少し前に購入したタブレットが2カ月ほどで2年になります。DoCoMoキャンペーンで、お勧めのタブレットを購入すると、現在の料金形態より2000円程度安くなる計算だと言います。分かったような・・けれども、納得するにはドコモ独自の何かがあり、その何かが引っかかりますが、大きさが以前のタブレットより使いやすそうです。購入することに決めました。
 
 以前のタブレットの情報が、新規のタブレットに移行しますが、アプリについては再度設定をしなくてはならず・・けれども、タブレットに通話はできなくても番号がありますので、これをつなげばアプリが使用できます。その操作を、どう誤ったのか・・携帯電話のアプリをタブレットに移行していました。その後、携帯電話のアプリは使えなくなりました。勿論、以前のデータはすべて消えてしまいました。
 
 携帯で使えないのも不便なので、携帯電話のアプリを再設定すると、私の名前が2つ存在してしまいました。これ以上、おかしなことはできませんのでそのままに・・・時々そんなおかしなことしてしまい・・またやってしまった。後悔先に立たず・・です。

寒すぎます・・

2018-01-25
 1月なのに雨が降っていたかと思うと・・屋外に置いてある温度計は氷点下17℃・・太陽の日差しが当たっている道路は、雪が解けいますが、日影の雪は解ける気配もありません。車の外気温は氷点下5℃・・日中の気温と思えません。
 
 内臓が冷えてくると、冷えから身体を守ろうとするのでしょうか・・動作が鈍くなるように思うのは、年なのかしら?と思ったり・・
 
 -10℃以下は、太陽に日差しが当たっても、本堂の中は冷凍庫なので、こうなってしまうとブルーヒーターが一生懸命働いてもなかなか暖まらず、生花をお供えしても30分後には凍ってしまいます。朝お供えしたお仏茶は、がちがちに凍っていました。
 
 数年前、除湿をメインに考えてエアコンを購入しました。販売員さんから衝撃の言葉が・・「この辺は、エアコンで室内は暖まらないですよ・・」と。私はエアコンで部屋を暖める予定ではありませんでしたが、「でも、性能が良くなっているでしょ・・」と言いますと、「外気温が低すぎると、設定温度まで上がらない・・」と。
 
 確かに-10℃でしたら、設定温度を20℃にしても、機械的には30℃あげなくてはいけません。また、1℃と-1℃の違いは雨と雪ほど違うのですから、エアコンの機能を考えるとそれは大変なことです。
 
 忍野村の住宅を考えますと、家の構造も全く違います。エアコンが設置されているお宅は、床暖房や地熱床など、エアコン以外の暖房機能が充実しています。冬は床も冷えています。寒さ対策は慣れです。
 
 短い時間で部屋を暖めるにはブルーヒーターが一番です。しかし、灯油の減りが早すぎて一般家庭向きではありませんが、以前は、忍野村の一般家庭には、必ず一台ありました。現在は、ペレットストーブが流行っているようです。けれども、本堂や台所以外の庫裏全般にはむきません。寒い日が続きますが、やっと忍野村らしい冬の風景に安堵しています。

初地蔵・・・

2018-01-24
 東円寺には多くの仏様がいらっしゃいます。東円寺ばかりではなく、歴史ある寺院には、時代時代に様々な人々の祈りの声を聞いた仏様が多いと思います。しかし、時代によって後継者や経済的な問題によって、様々に変化してきました。
 
 28日には初不動尊大祭(交通安全祈願祭)が行われますが、東円寺と不動明王の関係は歴史を考えますと深い間柄ではありません。しかし、廃仏稀釈によって富士山1合目に祀られていたというご縁をいただき、現在のように深い縁が結ばれました。忍野八海も天保年間ですから、東円寺の歴史を想像しますと、古い話ではありません。
 
 檀家寺ということもあり、小正月ごろからは、檀家さんのお宅へ荒神祓いをする風習もあり、葬儀や雪などの天候によって予定が変わってしまうという事情もあるのでしょうか・・現在は、初観音・初地蔵の祈祷はしていません。
 
 今までは、私も個人的に心に余裕がなかったので、縁日にお参りする意識が欠けていました。しかし、今年からはしっかりお参りさせていただこうと心に決めて、お地蔵様に観音堂の建立と忍野八海の歴史を広報活動が順調に進むようにお願いしました。

頼もしい・・

2018-01-23
 お婿さんを迎えて6年・・昨年は住職が腰を痛めて、その影響は現在進行形です。何事も真面目に取り組んでくれているお婿さんの姿に、頼もしくもありあり難く思っています。
 
 もう一人、物凄い勢いで成長しているのが孫です。今日は大雪のため幼稚園はお休みでした。好奇心旺盛な性格の子供ですが、秋に熊手を上手に使って落ち葉を片づけていたことに驚きましたが、雪をかくスコップの使い方も上手です。年々、頼もしく成長してくれています。
 
 10年ほど前、除雪機を購入する以前は、すべて人力でした。馬道と呼ばれる道を雪かきするだけで、どれほどの体力が消耗したのか・・今となっては遠い昔のことです。嫁いで間もない頃は、住職は教員との二重生活でした。雪かきは私の仕事と思って頑張ったころ・・年を重ねましたので、あの頃と同じように雪をかいたら、寝込んでしまうかもしれません。
 
 昔のことを思い出すと、息子の存在は本当に有りがたく・・除雪機を上手に使って、30センチほど積もった雪に埋もれていた地面があっと言う間に見えてきます。本当にお疲れ様です。

生涯学習・・・

2018-01-22
 朝からニュースでは大雪になることを予想して、注意を呼び掛けていました。今日は、生涯学習でお花のお稽古がありました。人数が少ないので、水仙の葉に針金を入れて、細工をした自由花のお勉強をすることにしました。
 
 花器によってイメージは変わりますが、人数が多い場合は花器が揃いませんので、一般的なお稽古の花器を使っています。
 
 子供たちとお生花の勉強をしていると、培われた伝統を継承しているようで、背筋が伸び引きしまった気持ちでお稽古しています。けれども、自由花も、自由花だからと好きに生けるのではなく、お花を美しく表現できる方法を、学ばせていただている喜びを感じるのは、理論的に説明していることを客観的に感じるからだと思います。
 
 正解のない表現方法があり、皆さんが何を表現しようとしているのか・・私には想像もしない、植物の表情や美しさの視点を捕らえたとき、私自身の視界がパッと開けるようでその感覚は不思議なくらい心地いいものです。
 
 お昼過ぎ雪が降り始めました。そのまま忍野村は銀世界・・雪かきは大変ですが、植物にはめぐみの雪です。