寺庭のつぶやき

庫裡の繰り言

 寺庭のつぶやきは、日々感じる矛盾、人間関係、お寺ならではの苦悩、時には、つぶやきではなくぼやきもありますが、四苦八苦しながらお寺で生活をしているリアルタイムな話題を、お届けしたいと思っています。
 ご意見などありましたら、お問い合わせから、気軽にアクセスしてください。
 写真は、クリックしていただくと、大きく見ることが出来ます。

 ホームページをリニューアルしたことによって、過去のつぶやきを簡単に見ることが出来るようになりました。

 

大掃除・・

2017-11-07
 明日は、神奈川教区主催の霜月会が行われます。会場をお貸しするだけでいい・・とお聞きしていますが、心地よくお使いいただきたいと思っています。寺庭婦人の役員さんもお手伝いに来てくださるようです。
 
 廃仏稀釈以降、山梨県にある天台宗寺院は消滅していきました。どのような経緯で、神奈川教区にお世話になることになったのか分かりませんが、教区にご迷惑をかけることもあると思いますし、東円寺としても近い距離ではありません。そのような中で、神奈川教区に山梨部として登録されてから、教区主催の会場になるのは初めてのことだと思います。
 
 今年の霜月会は例年とは少し違い、檀信徒会の研修を兼ねています。様々なことが通常と違いますので、明日の様子は全く想像がつきません。しかし、できる限りのおもてなしを心がけたいと思っています。
 
 普段できない部屋の片づけをしました。様々な部屋が片付き明日を迎えられそうです。

凄惨な事件・・

2017-11-06
 これほど豊かな時代に、なぜ、これほど惨い事件が起きてしまったのか・・想像するだけで恐ろしい事件・・静かに闇が襲い掛かってくるようで・・これほど簡単に人を殺し、人は殺されてしまうことに衝撃です。
 
 携帯電話という便利なツールが、ある意味凶器になっています。外国も近く感じられるリアルタイムな情報・・人と人が繋がること・・繋がることは素晴らしいことですが、別の意味で簡単に繋がってしまうことは避けたいものです。
 
 日々思うことは、人材育成が重要です。けれども、育成するためには時間がかかります。言い方を変えると、時間をかけて育成しなければ生きるという真意をつかむことはできないと思います。
 
 被害者は、身を守る術はなかったのでしょうか・・加害者は、思いとどまる良心はなかったのでしょうか・・育成するための時間より、被害に遭う人、被害を加える人の増加スピードが早すぎると思います。今後、このような事件が減る可能性は低いのではないでしょうか・・
 
 私に何ができるのか・・ただ考えさせられます。

トランプ大統領のせい?

2017-11-05
 午後6時から、横浜で寺庭婦人50周年記念の反省会がありました。三連休の最終日・・東京方面は混雑すること間違いなし・・そう思って、2時過ぎに家を出かけました。
 
 最近は、中央道から八王子のジャンクションを海老名に向かって走る圏央道から横浜や川崎へ行くルートを使います。しかし、2時過ぎには大月から渋滞が始まっていましたので、富士五湖道路を御殿場に向かって走り、東名高速道路を使うことにしました。
 
 ところが・・富士五湖道路の須走ICを下りるとそこから渋滞が始まっていました。普段は東名高速道路御殿場ICから乗りますが、一般道を走り、大井松田ICから乗ることにしました。ところが・・大井松田から事故渋滞・・やっぱり一般道路を走ることにしました。
 
 一般道を走っていても、車とバイクの事故・・バイクと自電車の事故・・幾つかの事故を横目で見ながら横浜へ向かいました。約5時間・・一般道を走りやっと食事会場までたどり着けました。食事時間、約1時間30分・・帰宅に2時間・・
 
 口々にトランプ大統領が来てるからね・・と言われ、三連休の最終日だけでも混雑するのに・・そうかトランプ大統領が来ているんだ・・どちらにしても、約束を守ることができて良かったのですが、疲労は溜まる一方です。

こんな日も・・

2017-11-04
 大きな行事の後、お通夜や葬儀がある年もありました。今年は土曜日なので例年でしたら法事の予約が入っています。しかし、今年は何の予定もありません。
 
 だからと言って、片づけもありますので、法事がないお蔭でのんびりと片づけができました。片づけが終わった頃、娘親子は帰宅・・結婚式の様子を聞いたり、孫が兄弟げんかを始めたり、とても賑やかです。
 
 下の孫はお留守番でした。「ママが帰ってきたね・・」というと、嬉しそう走りました。その姿はとても愛らしく、小さいながらも寂しい気持ちを我慢していたようです。
 
 一人でいると、静かに遊んでいる孫ですが、兄弟が揃うと喧嘩を始める様子は不思議です。昨日のことは遠い昔のことのように感じますが、疲労している体は正直です。

特別な年・・

2017-11-03
 回峰行の祖、相応和尚が遷化されて今日は1100年という日です。婿に来てくれた息子の誕生日でもあります。ゆっくり、仏様と向かい合いたい・・と思いますが、行事が滞りなく終了することだけで頭がいっぱいです。
 
 昨年までは、5時に起床してお赤飯を蒸かしましたが、7時を過ぎると焦ってくるので、今年は4時に起床しました。1時間早く起きたから1時間早く蒸かしあがる・・と思っていましたが、深し終わったのは8時30分・・やはり、少しずつ疲れは年に勝てないということのようです。
 
 お赤飯は、お菓子屋さんにお願いすると、とても高価なものです。いつまで続けられるのか分かりませんが、お赤飯を蒸かすのは私の一生の仕事と思って頑張ろうと思っています。
 
 娘は、短大時代の友人の結婚式に呼ばれていました。孫は、花嫁さんに花束を渡すという大役があるそうですが、午前中、手伝いをしてから松本まで出かけて行きました。
 
 数日前の天気予報では、あまり良くない予報でしたが、晴天に恵まれて気温もあたたく過ごしやすい一日でした。大勢の方にお参りいただきました。これほど多くの方が来られたのは初めてだと思います。特別な年にふさわしい、特別な年になりました。