寺庭のつぶやき

庫裡の繰り言

 寺庭のつぶやきは、日々感じる矛盾、人間関係、お寺ならではの苦悩、時には、つぶやきではなくぼやきもありますが、四苦八苦しながらお寺で生活をしているリアルタイムな話題を、お届けしたいと思っています。
 ご意見などありましたら、お問い合わせから、気軽にアクセスしてください。
 写真は、クリックしていただくと、大きく見ることが出来ます。

 ホームページをリニューアルしたことによって、過去のつぶやきを簡単に見ることが出来るようになりました。

 

懐かしい話・・

2018-01-21
 今日は、実家で前会長様の年祭(法事)がありました。20年の歳月は現在の私が想像もつかないことばかり・・前会長様のお孫さんと小学校低学年以来お会いすることになるなんて・・
 
 幼かったころの思い出がよみがえってきました。おばあ様の思い出話に花が咲き、可愛がっていただいた子供時代が懐かしく、私の人間形成に大きな影響を与えてくださった方の一人であることを実感しました。
 
 孫ならでは秘話・・とても深いイイ話がありました。前会長様は、命の次に大切なお金に執着しないよう・・ご自分が身をもって実践された方でした。お孫さんも驚くような様々な武勇伝があるのですが、孫にお小遣いをあげるときの言葉は、「無駄なものを買いなさい・・」と言ってお小遣いをくれたのよ・・と。
 
 矛盾しているように思える言葉ですが、お孫さんの方が理解されていて、「お金を使うことは、無駄なように思えても、無駄に使っているものなんてないのよね・・」と。「カッコイイですね・・」と言うと、「孫ができたら、そう言おうと思っているのよ・・」と。お孫さんもカッコイイ・・
 
 子供には言えません。孫だから言える言葉・・・カッコイイ方だったのです。私もカッコイイお祖母ちゃんになりたいものです。

不慮の事故で・・

2018-01-20
 住職にとって幼い頃可愛がってくれたお婆さんの言葉は、大切なもののようです。祖母は、勝沼生まれです。妹が何人かいたようです。住職が車の免許を取得した後は、祖母の実家や、実家からそれほど離れていない妹の嫁ぎ先へも寄ってきたそうです。
 
 祖母の妹の孫・・住職の又従弟になりますが、最近血圧が高く疲れやすいということで、時々お風呂に入りに行っていたそうですが、数日前お風呂の帰りに、軽トラックで壁に激突して亡くなられてしまいました。
 
 今日は、東円寺の檀家さんのお通夜もあります。住職は1時30分から忍野ふれあいホールで「富士山の湧水と文化」というシンポジポジウムが開かれ、そのパネリストそして参加することになっていましたので、又従弟のお通夜に参列することはできません。そこで、私が参列することになりました。
 
 お葬式は地域や宗派によって全く異なりなります。知らないことは、ドキドキするものです。けれども、時にはこのような緊張感は大事だと感じます。
 
 午前中は、お花のお稽古がありました。水仙のお生花です。真剣な眼差しでお花と向き合っている子供の姿に感動したり・・法事もありましたので、お茶の支度をしたり・・忙しい一日でした。

日めくりカレンダー

2018-01-19
 昨年末、何を思ったのか・・日めくりカレンダーを購入しました。福徳円満と太く書かれた文字と赤い台紙、そのバランスが気に入り、福が来る・・そんな風に感じて購入しました。衝動買いです。
 
 このような日めくりカレンダーを御祈祷してお守りと一緒に置いたらどうかしら?と、家族や手伝ってくれている人に意見を聞きますとあっけなく却下されてしました。予想はしていましたが・・・
 
 私は日をめくることを忘れてしまう人なので、このカレンダーどうしようと思いました。けれども、やっぱり第一印象で「福が来る・・」その感覚を大事にしたいと思い、置く場所によってしっかり日めくりができるかもしれない・・そう思い台所の玄関に置くことにしました。
 
 現在、毎日日めくりを続けています。その日めくりカレンダーには、ことわざが書かれています。そのことわざを知りたいために毎朝日をめくっています。ことわざは、胸にグッサときます。一日の目標になっています。

初観音・・

2018-01-18
 今日は、今年初めての観音様の縁日(初観音)です。しかし、未だに観音堂は建立できていません。私個人は、歯がゆいという感情だけです。
 
 私自身のことですが、なぜか神様・仏様にお願い事をしてはいけないように思っています。お願い事を聞いてもらえる人格であるのか?その根底には、親の仕込みがあり、自分を卑下するような感覚を植え付けらえていることを理解しています。私がそう思うからと自分以外の人には、本堂にお参りに来られた方には、「たくさんお願い事をしてください。観音様は慈悲深い仏様なので聞いてくださいます。」と、本心で申しあげています。冷静に考えると矛盾した話ですが・・・
 
 でも、今年は違います。必死に祈りを捧げようと決めました。「観音堂の建立」「忍野八海についての歴史を知ってもらうこと」これは、私が生きている限り続けて行かなければならないことと思っています。今年からその篤い思いを仏様に聞き入れていただこうと思っています。

こんな私ですが・・

2018-01-17
 言葉(語彙)は、経験により豊かになり、表現も自由に操れるようになる・・そんなことを考えるようになったのは、40歳を過ぎたころでした。年齢を重ねることと、人が豊かになることが比例するとは限りません。しかし、年を重ねることは重要なことであるようにも思えます。
 
 10代後半の人生に絶望した時・・どうしたらタイムスリップできるだろうと考えていたころを時々思い出します。絶望という壁をよじ登った原動力は自分に負けたくない・・過去を振り返ってあの時は良かった・・・そんな風に思う人生・・娘と歩きたくない・・そう強く思っていました。
 
 今になると、タイムスリップして幼稚な自分の姿を見る自信がありません。様々なことに、苛立ち、腹を立て、時には親や他人、社会を悪く思っていた自分が恥ずかしいです。若かったですし、無知でした。けれども、誰もが同じ道を歩いていることに気付くと、誰が悪いわけではないことに気づきます。また、その事実は忘れてはいけない、私の宝だと思っています。
 
 神仏の導きによって、見知らぬ道を歩かされているように感じます。伝統文化の申請が通り、お稽古をして、花展に出瓶していただいたり・・いよいよ報告書の作成に入りました。すべてが未知の世界です。こんな私が・・人生は何とかなるもののようです。