東円寺 墓地のご案内

東円寺 墓地

 東円寺の墓地は、東円寺本堂の裏側にあります。墓地は全て本堂に向かうよう作られています。現在の墓地の形態は、本堂でお経を唱えると、墓地に向かってお経を唱えることになります。先祖に対する先代の深い思いから、出入りの石屋さんに、お墓の向きを本堂に向かわせるようお願いしていたようです。
 
 そのお陰で、公園墓地のように、整然とお墓が並んでいます。墓地は小高い丘の上にあります。忍野村を眼下に見下ろす事ができます。春には桜、夏は新緑、秋は満天星(どうだんつつじ)などの紅葉を楽しむ事が出来ます。
 
 忍野村と言えば富士山が美しく見える墓地を・・と望まれる方もいらっしゃると思いますが、残念なことに、東円寺から富士山を拝む事はできません。
 
 300年ほど前、東円寺は現在の場所から約1㎞ほど東の方向にありました。その場所からは、それは美しい富士山を拝むことができました。しかし、台風が来てお寺は土砂に流されてしまいました。
 
 その後、様々な条件から、現在の場所に移りました。そのような時代背景を考えますと、現在の場所は防災面からも安全な場所と言えます。考え方ですが、忍野村から富士山はどこからでも拝むことができます。しかし、忍野村を眼下に見下ろすことのできる場所は限られています。
 
 ご興味のある方は、お気軽にご相談下さい。