一隅を照らす

伝教大師最澄上人は比叡山開創の時、「山家学生式」という、修行僧の心構えを諭した名文を残しました。この中で「国宝とは道心ある人であり、一隅を照らす人が国宝である」と言ってます。天台宗では「一人ひとりが国宝的人間となるべく、精進を重ねよう」という目標を掲げて、「一隅を照らす運動」を展開しています。東円寺では、檀徒総代や東円寺一隅会員を中心に、毎月8日に景勝地、新名庄川や忍野八海周辺の清掃活動をしています。

忍野八海の清掃活動

東円寺の役員さんを中心に、2006年より忍野八海の清掃活動をしています。忍野八海にちなんで8日を清掃活動日に決めました。役員さんや、東円寺の諸事情により、変更することがあります。随時お知らせします。

活動報告

 

平成29年 6月八海清掃活動報告

2017-06-15
 6月も八海清掃活動は延期となり15日になりました。爽やかな風が心地よく、春ゼミという小さなセミの鳴き声が響いていました。
 
 皆さんお忙しい中、心がけて清掃活動に参加してくださっています。継続した活動ができますことは、ご協力くださる皆様のおかげです。忍野村の一隅を照らしてくださっています。

平成29年 5月八海清掃活動報告

2017-05-15
 新緑の中、5月の清掃活動をさせていただきました。毎年、5月はエクシブ山中湖の営業部の皆様が参加してくださっています。
 
 天気は、晴れたり曇ったりしていました。桜が終わりましたが新緑の忍野村も美しい時です。

平成29年 4月八梅清掃活動報告

2017-04-15
 8日に予定していた八海清掃でしたが、雨が降ったり止んだり・・足元が悪いので、天気予報を見ながら・・4月の清掃活動をさせていただきました。
 
 ここ数日、温かい日が続き桜の蕾も膨らみ初めています。開花までには、数日かかりそうです。
 
 温かな日差しの中、川沿いに水仙の花が咲いています。土手の淡い緑色が、忍野村に春の訪れを教えてくれます。4月・5月の清掃は、心が弾みます。

平成29年 3月八海清掃活動報告

2017-03-08
 今年初めての八海清掃活動です。快晴でした。気温は低めで寒かったと思いますが、寒さを忘れて無心でゴミを拾ってくださいます。
 
 2カ月清掃をしていないことや、雪によって折れてしまった木の枝など、3月の清掃で拾うゴミは多くなります。拾ったゴミは、最後に分別しています。
 
 新名生川に入ってゴミを拾う方、河川敷のゴミを拾ってくださる方、暗黙の役割分担ができています。3月からは、基本的に毎月8日が清掃日です。東円寺の役員さんと、美しい忍野村を未来に残そうという有志が集まって清掃活動をしています。

平成28年 12月八海清掃活動

2016-12-08
 今年最後の八海清掃活動は、晴天の中、大勢の皆さんのお蔭で無事に終わりました。
 10年以上の歳月を重ねてきた活動ですが、地元の方の理解を得られていないことは残念です。話題になるような大げさなことはできませんが、今後も、地道に八海清掃活動を継続することによって、忍野八海、また、忍野村の美しい自然を守る精神を受けつでくれる人材育成になればと思っています。
 来年、1月・2月はお休みです。年明けの清掃は、3月8日となります。