本文へ移動

一隅を照らす

伝教大師最澄上人は比叡山開創の時、「山家学生式」という、修行僧の心構えを諭した名文を残しました。この中で「国宝とは道心ある人であり、一隅を照らす人が国宝である」と言ってます。天台宗では「一人ひとりが国宝的人間となるべく、精進を重ねよう」という目標を掲げて、「一隅を照らす運動」を展開しています。東円寺では、檀徒総代や東円寺一隅会員を中心に、毎月8日に景勝地、新名庄川や忍野八海周辺の清掃活動をしています。

忍野八海の清掃活動

東円寺の役員さんを中心に、2006年より忍野八海の清掃活動をしています。忍野八海にちなんで8日を清掃活動日に決めました。役員さんや、東円寺の諸事情により、変更することがあります。随時お知らせします。

活動報告

RSS(別ウィンドウで開きます) 

平成27年10月 八海清掃活動報告

 10月8日は雨天の為順延しましたが、予定した日にやはり雨がふってしまい、10月の清掃活動はお休みになりました。

平成27年9月 八海清掃活動報告

2015-09-15

平成27年8月 八海清掃及び境内清掃報告

2015-08-05
 もうすぐお盆です。忍野八海周辺の清掃と、東円寺の境内清掃を皆さんにしていただきました。お忙しい中をありがとうございました。

平成27年7月 八海清掃活動報告

2015-07-08
 今日は天候不順のため、延期しなければいけないのかしら?と、心配でした。8日以降、予定が詰まっているので、小雨でも清掃ができるように段取り考えることになりました。
 
 先月、会議の中で、河川清掃も良いのだけれども、忍野八海の清掃なのだから、忍野八海を歩いて清掃するのはどうでしょうか?という意見をいただきました。涌池などは、毎日清掃をしてくださっている方がいるので、ごみはないのではないかと住職は思っていたようです。
 
 しかし、ゴミ拾いをすると、なかなかゴミは落ちていて、普段通りのゴミの量でした。様々な意見交換は、清掃活動の内容を充実させてくれます。雨だけが心配でしたが、降られることなく、予定通り八海清掃ができたことに安堵し、また、ご参加くださった皆様に感謝です。

平成27年6月 八海清掃活動報告

2015-06-08
 6月の清掃活動は、新名生川の河川沿いの草刈りを重点的にしました。新名生川は、様々な団体が河川清掃をしてくださっているので、東円寺で清掃などしなくてもいいのでは?というお声を聞くことがありますが、気が付いた団体が清掃するというこは、悪いことではないと思います。
 
 役員さん方も、この活動に対して様々な見解があったのではないかと思いますが、少しづつご理解くださっているように感じます。一隅を照らすということは、誰が見ているからとか、誰がしているから・・ということではなく、新名生川を歩く方が、気持ちよく散歩できるようにする・・という事だけです。
 
 清掃を終えた方々のお顔は、仏様のようです。すがすがしい初夏の風に吹かれながら、今日も無事に清掃ができたことに感謝です。
天台宗 東円寺
TOPへ戻る