寺庭のつぶやき(2010年)

 

恒例の・・ 1

2010-12-26
益子焼きの福袋・・
福袋の中身・・
 毎年、年末になると、益子焼きの福袋を大量に注文します。お店は、「よこやま」さんと言います。今年で、7年か8年になると思います。初めは、実家の父がお祝いに、引き出物をお願いしたのがご縁です。「年末年始に、福袋を作っています。1万円分と3万円分です。」と聞いて、1万円分の福袋を、宅配でお願いしました。初めの年は、知り合いが数件で、3袋から5袋の注文でしたが、現在では13袋から15袋に増えてしまいました。
 増えてからも4年か5年経ちます。バラバラに入った商品には、1から12まで数字が書いてあります。福袋は、注文した数分入っています。1袋に12個の商品を詰める作業が、一仕事です。昨日、娘と2人で詰めました。福袋が15個あると壮観ですが、詰めるときの苦労がよみがえるので、福袋詰め終わった後はすぐに、頼まれた家に持って行きます。つぶやきに載せるなら、15個分の写真を撮っておけばよかったのですが、愚か者の知恵は・・・です。
 住職も無事に、葬儀を終わらせて帰ってきました。49日忌の法事も無事に終わらせる事ができて、本当によかったです。

捨てる神ありゃ、拾う神??

2010-12-25
数日前にいただきました・・
めちゃくちゃ・おいしいです。
 忍野村では、基本的に1月(お正月月)は、法事をしません。縁起を担いでいるようです。そんな習慣から、12月に亡くなると年内に49日忌をしてしまいます。11月に亡くなられた方と、12月に亡くなられた方がとても多かったので、今日、明日は、49日忌を2件ずつします。暮れも迫っていますが、普段以上に忙しくしています。
 捨てる神ではオーバーですが、あ檀家さんや知人、友人からいただく物で、季節を感じたり、ほっと一息つかせていただいています。そんなことがあると、拾う神??っているんだと感じます。

本当に師走・・・

2010-12-24
本堂の前で・・
 今日は、早稲田大学の学生さんが60名で座禅体験に来てくださいました。住職は、午前9時30分には、近隣のお寺さんに葬儀の手伝いに行きました。東円寺の世話人をしてくださっている方のご兄弟の葬儀でした。
 午後12時から、東円寺の檀家さんも葬儀がありました。座禅のお約束の時間は、午後1時30分頃でした。体験される人数も多いので、2,3日前から準備をしていました。時間に余裕がないので、葬儀の手伝いをしてくださった和尚さんには、座禅のお手伝いもお願いしました。大変な一日でした。
 住職は、年賀はがきの宛名書きに追われています。明日は、49日忌の法要後、通夜に行きます。毎日、仕事に追われています。師走を感じます・・・

和やかな・・・

2010-12-23
 今日は、東円寺恒例の世話人さんご夫婦との食事会でした。しかし、今年は、11月から葬儀が続き、今日もお通夜でした。お手伝いのお坊さんをお願いしていたので、お坊さん方にも参加していただきました。
 途中、近隣のお寺のご住職が差し入れにきてくださり、和やかに楽しい食事会ができました。年末だなと感じながらも、明日も葬儀を控えて、土日は49日忌が続きます。体調管理と、年末の準備に手落ちがないようにと思っています。
 焦りは募ります。住職は、日にちの感覚がおかしいと嘆いています。

冬至・・

2010-12-22
まだ、小さなゆずです。
カボチャの煮物・・
 昨晩は、大雨でした。気温が少しでも低かったら、大雪だったでしょう。雨でほっとしました。今日も気温は高く、植物は春と勘違いしているようで、椎茸が小さな芽を出し始めました。24日頃は、寒波が来るそうです。勘違いして芽を出した植物たちは、寒さに凍えてしまうでしょう。自然の厳しさを感じます。
 今日は冬至です。カボチャを食べ、ゆず湯に入り、無病息災を願います。毎年、冬至の次の日に、「昨日、冬至だった」と、新聞を見て気が付きます。しかし、今年は、90歳になる叔父から、叔父が畑で作ったカボチャを頂きました。また、数年前に上野原のお寺に植えたゆずの木に、今年は実が生りました。
 今日は、叔父の作ってくれたカボチャを食べて、上野原のお寺のゆず湯に入りました。
天台宗 東円寺