寺庭のつぶやき(2011年)

 

本当に有り難い事です・・

2011-05-01
4月24日地蔵尊祭 天野保吉氏 撮影
 行事があると、必ず天野保吉さんが、記録写真をとってくださいます。今年の地蔵尊祭は、子育て地蔵尊造像300年の記念祭でした。東日本大震災など、様々なことが浮かび、気持ちだけが空回りしてしまいました。反省することばかりでした。しかし、記録写真には、頑張って準備をした足跡が写っていました。(そう思うのは、自己満足かもしれませんが・・・)
 今日、天野さんが写真を持って来てくださいました。春の暖かい日差しが、写真いっぱいに写っていました。お詣りしてくださった方、お手伝い下さった方、すべての方にお地蔵様のご加護があることを確信しています。行事案内も更新しました。
 

繋がっている・・

2011-04-30
 今朝、新聞屋さんが、「日経ビジネス」(4月11日号)を持ってきてくださいました。特集記事に、「米国人はなぜ、鶴を折るのか」、「とてもいい話が載っている」とわざわざ届けて下さったのです。
 全米で、小学生から大人まで、千羽鶴を折る動きが広まっているそうです。震災を知った米国人の脳裏をよこぎったのは、原爆で命を失った「さだこ」の物語だったそうです。折り鶴に参加している米国人のほとんどが、「さだこ」の物語を知っているそうです。
 私自身、千羽鶴を折り、被災地に届けましたが、心のどこかに自己満足だったのではないか?と自問していました。千羽鶴を個人で作ったのは、初体験だったので、ホームページを参考にしながら、手探りで完成させました。しかし、あるブログには、「迷惑な千羽鶴、これは、自己満足だ。」と書かれてありました。考えようなんだな・・と思いながらも、千羽鶴を完成させることが、なかなか大変だったので、心を込めたのだから・・と自答していました。
 日経ビジネスの記事を読み、米国人と繋がっていることを感じました。とても、嬉しくなりました。日本人の祈りは世界中を繋いでいるんだと思いました。

 今日は、姪っ子の結婚式でした。友達、家族に感謝の気持ちを込めた結婚式に、心を温かくしてもらいました。幸せ一杯の笑顔を見て、姪っ子夫婦、また、参列下さった人々に幸多かれと、心から祈りました。(今日は、チャペルでの結婚式でしたので、アーメン・・・・)

観光客・・

2011-04-29
 今日は、朝からドタバタでした。娘の着付けを終わらせると、法事の方々が来られました。今日は、少人数の法事だったのですが、3件続きました。お茶碗の準備をして、お湯を沸かし、本堂で法事が始まる頃に、お茶碗の片付けなどをして、次の法事の準備をする。その合間に、観光客が来られる。
 不思議と、人が人を呼ぶので、忙しくしているときに、お客さんが来られたり、電話が鳴ったりするものです。

 旧保育園園舎がなくなったからでしょうか?「何度も、忍野八海に来ていますが、初めてお寺があることに気がつきました。」という方が多くいらっしゃいます。「忍野村の桜が好きです。」という方も多く、とても嬉しく思います。
忍野村は、桜が満開です。しかし、富士山に雪が多く残っているので、風は、まだまだ冷たく感じます。一枚羽織る物があるといいと思います。

 娘は、お茶会に初めて行きました。茶会の会場が、お寺さんだったこともあり、とても勉強になったようです。連れて行ってくださった先生に感謝です。「百聞は一見にしかず」とはよく言いますが、見てきたこと、聞いてきたことは忘れない物です。また、体験した者でしか分からないことがあることも、感じてくれたようです。

 明日は、住職の姪っ子の結婚式です。忘れ物のないように確認をして、早めに休もうと思います。

忙しい一日でした・・

2011-04-28
午後2時46分・・
鐘楼からの忍草の景色
インド料理・・
 午前中は、娘のお出かけ着の買い物に出かけました。午後2時47分自宅に到着しました。住職は、お経を読みながら、鐘を撞きました。さわやかな風が吹いていました。夢であってほしいと思いながら、夢ではなく現実であることを再確認しながら、東日本大震災で亡くなられた方のご冥福を祈りました。

 夕食は、神奈川の妙圓寺さんからお誘いをいただいていました。インド子供基金の代表をされている、小谷野さんのお宅で、インドカレーをご馳走してくださると言うことでした。何度かお誘いをいただいていたのですが、なかなか時間が合わなかったので、初訪問になりました。豆カレー、ほうれん草のカレー、スパイスの効いたチキンカレー、シーフードカレー、シシカバブーにタンドリーチキン、どれもとても美味しく、食べ過ぎるほどでした。
 また、女性ばかり9名の食事会でしたから、時間を忘れて、楽しい話に花が咲いてしまい、夜遅くまでお邪魔してしまいました。
 私は、白黒をはっきり言ってしまうところが、長所であり短所です。複数の方々とお話しするときは、グレーでいい話を、どうしても白黒を言い切ってしまう癖があります。この性格が災いすることが多いことを分かっていても、言ってしまった後に後悔したりするのが常です。今回も反省です。まだまだ、修行が足りないようです。

 家に着くと、午後11時50分でした。日付が変わらないうちに到着してホッとする間もなく、明日の準備です。明日は、塩山にあります向岳寺にて、お茶会があります。娘が先生とお勉強に行くことになっています。着物の準備をして、明日は、娘の着付けをして、お茶会に送り出す予定です。気がつくと、午前2時を過ぎていました。長い一日でした。

明日は49日忌・・

2011-04-27
 天台宗宗務総長より、4月28日は東日本大震災犠牲者49日法要を延暦寺阿弥陀堂にて奉修いたします。鐘楼のある寺院では、一斉に鐘を撞いていただきたいというお願いの文章が来ています。明日、午後2時46分、東円寺でも、追悼の鐘を撞きます。この、つぶやきをご覧下さった方には、ぜひ一緒に手を合わせていただきたいと思います。

 今日は、「やまなし学研究2011」に受講してきました。今年で8回目だそうです。昨年は、受講希望者多数のため受講できませんでした。富士山世界文化遺産の登録に向けて、どのような考えで山梨県は動いているのか?とても興味があります。また、山梨県について、勉強する良い機会と考えています。
 第一回目の勉強は、「富士山は誰のものか・山頂帰属問題をふりかえる」でした。現在山頂は、富士山本宮浅間神社の「所有」です。しかし、富士山頂には、地番が無いそうです。そのような事から考えると、静岡県と山梨県の間に境はないと不思議な説明を聞いてきました。
 法律的な考えで富士山を見たことがなかったので、おかしな気持ちですが、違う側面から見る事を、学びました。しかし、日本人にとって宗教とは何なのだろう?必要な物なのかしら?と答えのでない問題を抱えることになってしまいました。
 
 千羽鶴は、気仙沼の中学校に届けられたそうです。お豆腐もとても喜んでもらえたと連絡がありました。千羽鶴の協力をしてくださった家族建設の米山様には、大変感謝しています。この方も、震災後自分たちに何ができるかを、お仲間達と一生懸命考えておられるようです。日本の未来のために・・・私も私にできることを精一杯・・・