本文へ移動

寺庭のつぶやき(2011年)

RSS(別ウィンドウで開きます) 

守る・守りたい・・・

2011-04-11
 震災から一ヶ月が経ちますが、大きな地震が続きます。震源地から離れた、忍野村でも、揺れが大きいと、不安な気持ちにさせられます。被災地の皆さんの、不安を考えると胸が締め付けられます。
 
 4月7日から10日まで、娘は震災後初めて、栃木の祖父母の家に行きました。「7日から、おばあちゃんのお手伝いをするよ。」と連絡した次の日、母から電話がありました。「シャントが止まってしまった。」と・・・透析をしている人にとっては一大事です。急遽、8日に手術が決まったそうです。冷たい娘と思われてしまうかもしれませんが、「お母さん、元気なの?止まってしまったものはしょうがないから、頑張って。」と言って電話を切りました。
 娘に話をすると、神妙な顔で、「大丈夫だよね。私どうすればいいの?」と半泣きです。「あなたの出来るお手伝いを、一生懸命にするしかないでしょ。笑顔で、おばあちゃんに、頑張ってと言えばいいのよ。」と言いましたが、その日の晩は、眠れなかったようです。
 栃木は、余震が続いていたそうです。母のシャントの手術も無事に終わり、ホッとする間もなく、8日の午後11時30分頃、宮城県で震度6強の地震がありました。栃木も震度5でした。心配になり電話をすると、「大丈夫だよ。」と元気な娘の声を聞き安心しました。
 余震が続く中、娘なりに考えていたそうです。大きな地震が来たら、おじいちゃんには、自分で避難してもらって、おばあちゃんは私が負ぶって避難する。お薬も必要だから、どこにあるのかを聞いて、持ってきて・・・など。誰かを守る気持ちは、人を成長させてくれると思いました。今、感じることは、お互いに励まし合い、助け合い、支え合う。大切な誰かを守るという、思いが、生きる力の原動力を与えてくれるのではないかと思います。

東京都知事選・・・

2011-04-10
 東京都知事は、石原慎太郎さんに決まりましたね。当選のインタビューに、私は拍手です。
 パチンコ屋の無駄な電気、自動販売機の多さは、二酸化炭素削減を言い始めた頃から、私自身ひどく矛盾を感じていました。驚いたことは、パチンコ屋の消費電力と、自動販売機の消費電力を合わせると、福島原子炉で発電していた電力だと言います。無駄と思われる電力によって、福島県民の日常生活を脅かす原子力発電。人々の生活を脅かしてまで必要な電力とは、誰にメリットがあるのでしょうか?
 今回の事故は、原子力発電所を持つ県民にとって、他人事ではないと思います。人々の生活を脅かしてまで、手に入れたい便利さ、豊かさとは、なんなのでしょう。
 何より、震災後の宣伝でむかむかするCMがあります。公共広告機構の「いま、わたしたちにできること・・・・」中で、「無駄なメールや通話をやめましょう・・・」と言っています。私個人の考えで無駄と言えば、携帯電話、パソコンなどの電化製品、新機種だと思います。広告、宣伝によって購買意欲をかき立てられます。携帯電話で無料だといいゲームができます。電子書籍等々・・電気を使えと言わんばかりの社会の仕組み。簡単な言葉を並べてほしくないと思うのです。

 石原都知事、是非、無駄な電気撲滅を言い続けてほしいと思います。原子炉事故で、影響を受けた人々の苦しみを無駄にしないためにも、私たちは、生きること、豊かさ、便利さ、何を最優先すべきかを、じっくり考える時ではないかと思います。その答えによって、地球温暖化など、様々な現代社会の抱える問題の解決策が見えてくると思います。

こんな日も・・・

2011-04-09
 土曜・日曜で法事の無い日というのは、一年間の内数日しかありません。今日は、その数日の日でした。昨日がとても忙しかったので、時間を有効に使う予定でいました。
 金曜日は、お花のお稽古の日なのですが、時間が取れなかったので、お稽古を今日にしていただきました。法事がなかったので、昼間先生のお宅に伺いました。お稽古が終わった後、美味しいコーヒーをご馳走になりました。話に花が咲き、楽しい時間を過ごさせていただきました。こんな日も、いいのかな?と思った日でした。

 時間がたっぷりあると思っていましたが、結局はたいしたこともできず、あっという間に一日が終わりました。明日は、実家の手伝いに行く予定です。11日から、必死に働かなくては・・・今日は、嵐の前の静けさです。

真剣に・・・・

2011-04-08
いちげ
お地蔵様の前掛け
 高山植物だと思うのですが、春を告げるお花の一つが、いちげというお花です。お日様が当たると、花が咲き、日陰になると花びらは閉じてしまいます。福寿草が終わる頃、いちげの花、すいせんの花など、これから次々とお花が咲きます。今日は、気温が上がったので、心なしか桜の蕾もふくらみ始めたかしら?と思いました。

 今日は、八海清掃、相変わらず昼食はカレーでした。皆さんが帰られた直後、お客さんが来られたので、カレーを食べていただきました。夕食に食べることができるような量を作っているつもりですが、今日も完食でした。いよいよ、お地蔵様の前掛け作りを真剣に始めました。なかなか良いペースで作りっているので、この調子なら、お地蔵様お祭りに、たくさん出来上がるかも・・・と少しホッとしました。しかし油断は禁物です。食事のこと、お茶会のお菓子の準備など、当日まで、はらはらするのは、いつものことです。頑張るぞ

今思うこと・・

2011-04-07
千羽鶴完成です・・
 なんとか、千羽鶴が完成しました。この千羽鶴を贈るところについては、作り始めた頃から、住職と話し合っていました。当初は、被災地に届ける予定でいました。しかし、時間が経つにつれ、現在一番復旧してほしいところは、福島原発事故の収束ではないかと強く感じています。東京電力の原発事故関係者の方々も、一日も早く事故の収束を願っていることと思います。この事故は、誰かの責任ではないと私は思います。電気を使わせていただいている、国民一人一人は、原発事故の収束を願い、祈ることが大切だと思います。そのような思いから、お電話で東京電力本社に、千羽鶴を贈りたいお話しをしました。しかし、荷物などを受け取る状況ではないので、「お気持ちだけで・・」とのお話しでした。事務の方の話し方から、毎日の気苦労を感じました。

 岩手県の中尊寺貫首山田様と、東円寺の住職は幼なじみです。そんなご縁もあり、震災の救援物資を送らせていただきました。今回の千羽鶴も、どこにお届けすればいいのかを、ご相談したところ、双葉町役場(埼玉県加須市に役場業務を移転された)に、届けられたらどうだろうというご意見をいただきました。今回、千羽鶴は、双葉町役場に送らせていただくことにしました。自己満足かもしれません。しかし、祈る気持ちは、必ず仏様に通じると思います。一日も早い、復興を祈って・・・・
天台宗 東円寺
TOPへ戻る